最近の記事

2020年08月03日

エアーストンを小さく加工する。

image

ペットボトル直結のエアポンプを試作しました。
小さな水棲動物をリュックで運搬する必要があったので。

この際ポンプに付属していた空気を出す石(エアストン・air stone)が大きかったので、ペットボトルに入るように加工したという話です。
ペットボトルの蓋部内径は、約20mm。
加工時に意外な発見がありました。

発見 エアストンをノコギリで切ると、ノコギリの刃が無くなる。

image

加工前のエアストーンは、ペットボトルの入り口より大きめ。 入りません。

 

image

試しに、ピラニアノコギリで切ったところ、軽く切れます。 さすが。

image

これは良いと気楽に考えて切っていたところ、切れ味が悪くなりました。

image

ありゃー 刃(歯)が無くなっている。

そうかー 石を切っていたようなものなのか。
鋼(はがね)が石に負けた。 というか相打ちか。

image

ピラニア鋸は両刃タイプを選んでいて良かった。
入れ替えは初めてだ。

image

歯の向きの入れ替えには、怪我をしないようバイス(万力)と、プラハン(plastic hammer)を使います。

エアストンに勝つ工具

さて、エアストンをどう切るか。 加工できるか。

image

金属糸鋸を試すも、ピラニア鋸同様か、それより弱い。


image

鉄鋼やすり ではどうか。

image

これは 鉄鋼平ヤスリの完勝 横綱級ですね。

 

まとめ
無理をしないでも、ペットボトルに入るサイズのエアストーンを選べばよいのですけれど。


image
直径20mm以下のエアストーン市販品例。

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2020年07月21日

カスタムモデルノートPC HDD配線取付、相談

Q:

メッセージ本文:

LIFEBOOK WN1/E2
Windows10
富士通通販サイトからカスタムモデルノートPCを購入しました。
ストレージを起動用の256GBのSSDのみにして、オプションで選択可能だった1TBの2.5インチHDDは注文に含めず、納品後に自分で2TBの2.5インチ内蔵SSDを取り付けるつもりで発注しました。
いざ、納品されて裏蓋を開けてみましたところ、マザーボードから内蔵2.5インチ内蔵SSDをとりつける空の空間までの間の配線が無いことがわかりました。0

カスタムで内蔵2.5インチHDDをなしで注文したので、いらない配線をつけない
のはメーカーとしては当然といえば当然だと思うのですが、その配線、コネクタがないため、現状、用意していた内蔵2.5インチ2TBのSSDがとりつけできなくて困っております。

メーカーにもお願いしたのですが、一度納品したものの仕様変更は受けられないとお断りされ、こちらのサイトにたどり着きました。





A:



こんにちは。



image



最新機種の大型ノート。 10キーまだあって、使いやすそうです。


せっかく用意した増設SSDが使えないとのこと、仕様ですので仕方ないと思います。
基板からSSDまでのケーブルがあれば、自力で取り付けることができると思います。


image



HDD接続コネクタ・ケーブルは、機種ごとに仕様が微妙に違うので、入手は簡単ではないです。


部品番号がわかれば、検索でヒットするかもしれません。


個人的には、dell社のE7400というノートパソコンのケーブルを部品番号(P/N)で入手できた経験があります。ali-express経由 (DC02C006Q00 VAUA0_HDD_CABLE)


image



lifebookのHDDを、謎のケーブルで追加した方のブログ記事が参考になります。



ただ、最新機種ですので、メーカーには部品在庫があると思います。


部品を入手できる工房・修理業者さんに相談してみると良いかと思います。

当方は、素人と変わりません。 すいません。
コネクタを探して、電線付け替えは不可能ではないと思いますが、有効に動作するかどうか不明です。
PC本体、SSD壊してしまう恐れもあります。

家電量販店の修理コーナーとか、

webでも たとえば:ドスパラ相談所さん とか。に相談したほうが確実だと思います。
posted by 家庭用品修理士隊 at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理改造相談

2020年06月30日

手をかざすだけでアルコールを出してくれるはずが、出ない例。回路の腐食

自動ボトルスプレー

今は必需品かもしれません。 修理できた例です。

image

自動式消毒スプレーの説明書。 手を出すと、ぴゅっとアルコールが出るようです。

image


故障状況

実物は、なんだかかわいいデザイン。 ですが、手を出しても、うんともすんとも無反応。

image

電池は新品が4本。 どうやら赤外線センサで手を検知して、ポンプを作動させるような感じです。 さっそく分解。


image

一枚の電子基板と、ポンプが見えます。  うーこれは修理困難かな?

image

ここで異変を発見。 基板をよく見ると、端子がすべて変色しています。
青っぽい。 えー? 緑青かな。

image

試しに、緑青をカッターで削ってみると、銅の色が見えてきます。
これは、基板全体の銅が腐食しているではないか。

表だけでなく、裏も。 この緑青部分はいわゆるスルーホール(through hole)です。
これは、表の配線と、裏の配線をつなぐ役割があります。

試しに、一部の接続を確認すると、どうもつながっていません。

image

基板断面での説明。 スルーホールが緑青(ろくしょう)により銅が腐食で欠け、一部で回路が切断(circuit open)



image

特に怪しいのが、ICの裏にあるスルーホール。

image

IC(マイクロプロセッサ)を剥がしてみると、スルーホールがいくつもありました。


補修

image

回路が切れているスルーホールを含め、複数の怪しいスルーホールをバイパスします。
ドリル(0.3mm)で突き通し、細線で表裏をつなぎます。

image

パイパス ジャンプでは、スルーホールに接する回路上に細線をハンダ付けし、裏面も同様に接続。



image

修理(wire jump)した部分は、この写真では4箇所。

 

image

あと、赤外線ダイオードがなぜか発光していないので交換。(デジタルカメラで赤外線を確認)


これで、電池を入れてみたところ、プシューっと動くではありませんか。 モーターが数回作動。

おー 反応した。

image
なぜ腐食したのだろう。 思うに、アルコールの吐出ノズルから内側に漏れているのかもしれない。
目に見えないような微妙な漏れでも、基板を痛めるには十分なのかもしれません。

image

対策として、基板の緑青発生部分をマニュキアを使って、防水処理。
結局、表裏全部塗ってしまいました。

 

蓋をして組み立てると、モーターポンプが一回だけ小気味よく作動するようになりました。
蓋の構造もポンプの一部を形成する設計。


 

image

amazonで見るアルコールディスペンサー自動式

posted by 家庭用品修理士隊 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る