最近の記事

2021年07月02日

ホットプレート 電源ランプ修理・改造

image
スイッチを入れても、ランプがつかない。

ミニグリル。 久しぶりに出して使ったら、ちょうど良い大きさで気に入っています。
スイッチを入れるだけの単純操作なのですが、ランプがつかない。

ということで、直してみました。 ついでに小改造。
ヒーターが入ったときだけ点灯するようにしてみました。


修理

image

分解。 ねじを外すだけですが、ちょっと硬いかも。

image

作りは非常によく、信頼感があります。

image

電源ランプは、スイッチの中にあります。
100Vを加えても点きません。 これは不良ですね。

image

スイッチの中に、ネオン管が入っています。

image

スイッチ内部拡大

ネオン管も、抵抗器も、特に問題なさそう。

image

結局組み立て構造が挿し込み式で、接触不良と思われるので、半田付けしてみました。

image

今度はつきました。

image

修理完了です。

ただし。ちょっと不満です。 このライトは、スイッチを入れたときに点灯するだけです。
ヒーターが入っていますよ。 という意味ではありません。

でも、スイッチは、入れた位置でわかります。


改造

image

ちょっと配線を入れ替えて、一本追加。
銅線と、耐熱チューブを使って追加配線。
ワット数が高いので、カシメで結線

image

改造前は、スイッチを入れるとネオン管は点灯しっぱなし。
改造後は、スイッチを入れ、温度スイッチが入ったときだけ点灯。

これで改造完了です。


測定

ヒーター動作を測定してみました。

image

データロガー(信号記録装置)を使用。 日置LR8431

・横目盛りは一コマ1分、縦目盛りは一コマ30度C
・オレンジ色波形は温度。緑色はヒーター動作。

説明:スイッチを入れると、3分で150程度に温度上昇し、ヒーターが切れる。
その後、約2分で温度スイッチが入り温度上昇。 その後2分で再び温度スイッチが切れる。
10分で電源オフ。温度は徐々に低下。

(温度スイッチは、ホットプレートの中央裏に付いたボタン状の部品。)

要するに、空焚きの場合。 1分オン、2分オフを繰り返し、温度を一定以内に保つ。 150Cから170C程度。


機器データ
TSK-2131P EUPA GRILL・PETITE
100V 700W 温度ヒューズ192度C

posted by 家庭用品修理士隊 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2021年06月08日

ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁

コロナのワクチンをした腕が、磁石になった。 といった動画がアップされていると話題になっています。
笑えます。 もちろんアップ主は冗談(ジョーク映像)としてアップしているのだと思います。
ですので、本気にするのはどうかと思います。

それで思い出しました。 磁化(マグネット化)の話です。

image
ドライバの先端が磁化していると、ネジが着いてきます。
結構便利だったりすることもあります。

ところが、磁石が邪魔になって逆に困ることもあります。
時計などの精密機械は磁石を嫌います。

磁化、脱磁(磁石にしたり、消してもとに戻す)が簡単にできれば便利です。
実は磁化は簡単ですね。

強力な磁石をドライバの先端に着ければ、鉄に磁石が移るような感じで磁化します。
ドライバの先端が、弱い磁石になります。

脱磁するには。

脱磁にも、磁石を使います。
ただし、+ー(NS)を変化させながら徐々に弱くしてゆくという操作が必要です。
磁石を回転させなから、離してゆくイメージです。
面倒ですね。

金魚ポンプを使う。

そこで簡単に脱磁を行う方法として、金魚(熱帯魚)の空気ポンプ(エアーポンプ)が使えます。

image

こんな感じのエアポンプ。 ゴムが劣化して故障していても使えます。
新品でも、分解して脱磁に使って、戻せば良いですし。

image

エアポンプは、鉄心のそばで磁石を動かすことでポンプを作動させています。
家庭電源は、50ヘルツ(または60ヘルツ)ですので、磁石が一秒間に50〜60回動いているわけです。
で、この磁石を使っても良いのですが、鉄心そのものに磁界が発生していますので、鉄心だけで消磁できます。

image

電源を入れて、鉄ドライバを鉄心に触れさせるだけ。
すると、磁化したドライバ先端は、強力な磁力変化を受けて、+−(N極S極)が変化。
そーっと離せば脱磁しています。
(脱磁が一時的な場合もあります。)

着磁

反対に、ドライバ先端を磁化させたかったら、磁石を当てるだけです。

image

強力マグネットで、簡単に磁化させられます。
写真のドライバは、もともと磁化されていたと思います。 マグYネットドライバ。

着磁と脱磁の様子映像

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2021年05月18日

スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。

(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理

の続きです。

image

このスイッチ付きボリュームを探しました。

image
基板に直付けなので、外形が同じものがほしい。
「スイッチ付きボリューム。ディテント付き。」

image

google 画像検索で調べると、「スイッチ付きボリューム」には、昔ながらの形式(赤丸)の他に、今回のようなタイプ(赤矢印)があることを知りました。

そうなんだ。最近はこうなのか。 と実感。

image

秋月電子通商のページには、よく似たものがありました。
Supertech社製とのこと。

抵抗値も合っているので、見に行こう。

image

秋葉原の秋月へ行ってみる。
コロナ対策で入店規制をしたせいか、空いています。

今は規制していません。

image
購入した「スイッチ付きボリューム」は、寸法が合う。
ただし、ディテント(回したときの刻み)は無い。
ディテント付きを他店でも探したが、見つからない。
ならばスイッチ部分だけ交換してみようか。

image

購入した部品を分解。 構造は故障品と同じようだ。
スイッチ部(ボリュームの下部)を交換してみよう。

image
結局、バネ部を写真のように置いて、組み立てればスイッチ動作する。
ボリュームを絞りきったところでパチン音がして切れる。
少し回せば、パチンと小気味良く入る。

ということで、「ディテント付き、100Kオームボリュームスイッチ」が入手できたことになった。

image

基盤に戻し、ストーブ組み立て前の作動試験も良好。


不具合の検証

image

結局何が悪かったのか。バネが止め部(赤丸)から外れていたということ。

なぜ外れたのか。

image

(写真)ピンセットで、不具合品のバネと、新品バネをつかんだところ。
不具合品はバネの止め部の穴が切れています。

ということで、部品の製造不良があって、あるときにバネが外れてしまった。
これによりストーブは、スイッチ切ったときに入るというおかしな動作をしたということでした。

posted by 家庭用品修理士隊 at 12:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。
(02/01)乾電池式電動ドライバーは使えるのか
(01/29)天井ライトレールの接続器具にペンダントスイッチを付ける。
(01/29)オーブントースター(ピザ焼き機)を修理(サーモスタット不良)
(01/27)新品電池を入れたのに使えない電池ホルダ
(12/20)「パソコンを無料回収」本当にたすかりました。
(11/03)システムキッチンの大引き戸が落ちた。応急修理


タグクラウド
ページトップへ戻る