2014年07月31日

RE:エアコンのリモコン不調(少し補足)

新しいリモコンを入手してエアコンは再び使えるようになり先日の連日の猛暑に間に合ってホッとしています。 不要となった古いリモコンについても少し確認したいことがあったので直ぐに廃棄はしませんでした。
ところで家電製品を扱っていた会社に勤めていたことがあるという方が書いている記事があったのですが、それによるとリモコンは基本的にケースを開けて修理してはイケないことになっているとか・・・・ 
昔の出来事ですが給湯器関係のリモコンを独自に修理したところ給湯器が勝手に燃焼するという事故があったそうです。 そういう事も関係しているのかリモコンの修理はどこのメーカーもやっておらずリモコン自体が一つの部品扱いとなっていますという記事でした。
まあそれは別にして例えリモコンの修理を受け付けているメーカーさんがあったとしても技術料だけで相当取られることは分かってますから自分は修理には出さないとは思います。
 
P1030271
 
 通電した状態でボタンの機能をもう少し子細に確認するためにボタンのゴムシートを外した状態でケースを閉じて、要らなくなった消しゴムの先にアルミテープを貼ってハンコを押すように一つ一つのボタンの基盤を押して液晶の表示に変化があるのか見ていきました。
その結果、やはり働くボタンとダメなボタンの配列に変化は無かったので、ゴムボタンの導電性能には問題はなく基盤のほうに原因があることが再確認できました。
 
P1030273
 
しかしながら、基盤のほうは何度もクリーニングしましたが回復しなかったので原因といっても・・・・・・ 
 
P1030276
 
 半ばやけになってクリーニングしてみたら基盤のパターンが消えかかってしまいました。
 
P1030277
 
銅のメッキにて基盤のパターンが全てなされているとばかり思ってましたが、銅の部分はBUS BARのところだけで残りは磁粉のような導電性の粉末をくっ付けて形成されていることが分かりました。 テスターでこの部分の導通も確認してみましたが特に異常無し。
残念ながら結局のところ不具合原因は特定できませんでしたが、クリーニングも程々にしないといけないという事はわかりました。
P1030279
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 12:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2014年07月29日

霧ジェット こんなのは買えません。

 

以前から気になっていた、霧のジェット
どのくらいすずしいか試してみました。

霧ジェット

 

入った当初は、気持ちいいです。
気化熱で冷えるような気がします。
が、 霧というよりは、スプレー水という感じですね。

メガネが曇る

メガネが曇るというか、霧の塗装をしたようになりました。
 
カンカンの炎天下には良いかもしれません。
ここには陽があたっていませんでした。

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊


茗荷谷で霧ジェット
地下鉄丸ノ内線、茗荷谷駅のホームにもありました。

posted by 家庭用品修理士隊 at 14:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2014年07月28日

節水シャワーヘッド、いいことばかりではない

 ガス代と水道代を節約する一助としてお風呂のシャワーヘッドを節水型に交換するとかなり効果的という記事をどこかで読んだのを思いだし、AMAZONで一番人気であったヘッドに先日交換しました。
後日分かったのですがホームセンターに行くと、この手のシャワーヘッドが流行なのか数多く展示されており自分が発注した物もありました。
どれも似たようなものですが、水が出る穴を小さくして水をケチろうというのとON/OFF SWを設けている点です。
穴をあまり小さくしすぎると体にかけているときに物足りなさを感じますから、ソコソコにしておかなければなりませんのでそこらあたりのさじ加減が微妙です。
 
P1030282
 
しばらく使ってみて特に不満なところは無く、ON/OFF SWも効果的で節水にも確かになっているので交換して良かったと思っていたのですが、数週間後にホースが一部変形しているのに気付きました。   ホースの外側が水膨れのように膨らんでいます。(専門用語でBULGE)
原因はON/OFF SWが付いたことにより放水中にOFFとしたときにホース内の内圧が急上昇するためにホース内を水が浸透して外側に出てきたようです。
 
P1030283
 
 一か所だけかと思いきや小さな水泡がそこかしこに点在してました。
恐らくホースも相当長く使用してきたものなので内部が経年劣化してきているところにもってON/OFF SW付きのヘッドに交換したので水圧に耐えられなかったものだと思われますが、どれもがこうなるという訳では無いとは思います。
人の血管の老化とよく似た現象ですね。 人間の場合はこのままにしておくと血管剥離して大出血を起こして存亡の危機に・・・・・・・・・
 
P1030284
 
ホームセンターに新しいホースを購入に行きましたが、TOTOとかINAXの純正品は相応の値段がしますのでPRINTER INK同様に互換パーツにしました。
以前のホース(TOTO純正)よりホースが少し太いので使用感は劣りますが水圧には強そうな感じがします。
少なくともヘッド交換とホース購入費用を帳消しに出来るだけの節水効果を期待したいところです。
でもホース類の不具合はネットではホースの自体の劣化よりも金具との接合部から抜けてしまうというトラブルが多いようですね。
 
P1030285
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る