2014年09月24日

家庭生活家電の話ではありません。

 
昨今、自販機荒らしが頻発しているニュースがよく流れています。 (お釣り受け取り口付近を火であぶって?現金を盗むなど)
そうしたニュースを見聞きする度にまたか? と思っていたのですが先日のニュースは少し内容が異なっており、そのような盗難事故を少しでも防ぐ目的で自治会が自販機に監視カメラをつけた地域がありますという内容でした。
あれっ、 と思ったのはニュースで紹介していた地域というのが自宅からそう離れていない日頃自転車で散歩するコース付近の地域でした。
 
そこで物見いさんでどのようなものか見てきました。 ニュースではこの地区では以前より地域内で起こるいたずら物損が問題となっていたそうですが、自治会館の前に設置されている自販機荒らしを事前防止するための監視カメラを自販機の飲料メーカーさんがカメラの設置経費をもってくれて備え付けたそうです。 これらの経費は自販機の売り上げで賄っていくそうですが元がとれるには相当かかりそうですが自販機が火災で廃棄同然となる危険性を考えれば・・・・・・
このような監視カメラは日本国内ではまだ川崎と相模原のこの地区だけらしいです。
 
P1030346
 
カメラのレンズ周りにはLED電球のようなものが装備されています。
 
P1030348
 
このカメラの守備範囲は自販機だけでなく商店街通りの撮影も含まれているようですが、この商店街は閉店している店舗も多くさびれているような雰囲気で悪さをしても人目につきにくい事がいたづら物損多発の要因の一つだと思います。
 
喉は乾いてませんでしたがカメラの設置代金のほんの一部でもなればという気持ちで缶コーヒーを買いました。
 
P1030349
 
都心の駅構内に設置されている最新型自販機のなかには顔認識のためのカメラを内蔵しているものもあって、人柄にあった商品を自販機が勧めてくれるというニュースも最近みたことがありますが、それならば自販機にいたづら防止のためのカメラを内蔵したものを作ってくれてもいいのではないかと思いますが。。。。。
 

PR:
ファーストセキュリティーは、お客様に「安心」「安全」「格安」をご提供します。

自動販売機設置場所探し S.D.S

posted by 家庭用品修理士隊 at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2014年09月22日

停電灯は電池が問題

 

停電灯って、最近は防災意識が高まっていて普通に備えているのではないでしょうか。
うちにも相当前の停電灯が、コンセントに挿しっぱなしになっています。

Image635470035967513110_thumb

先日、たまたま抜いた時ライトが付きませんでした。
あれ? 点かなかったっけ。
もう相当前の製品です。 Nationalのブランド品です。

球切れ? 正常だと思っていたのは、パイロットランプが付いているからです。

カバーを外す_thumb[1]

ライトのカバーは簡単に外れます。

あー ニッカド電池です。

充電してみる_thumb

電圧を測ると、2V程度あるものの、電流を取り出せません。

 

充電_thumb

無理やり電流を流して充電してみました。
200mA程度です。

ライトが点灯_thumb

すると、すぐに電池が熱くなります。
これはダメですね。

一応、基板に戻すと点灯します。

暗い_thumb

すぐに暗くなります。

 

電池は入手できるようですが、寿命は2年と本体に書いてあります。 常に充電する機器は寿命が短いですね。

寿命は2年_thumb

電池交換の目安は約2年

非常灯にもなりますね。

新製品もいろいろ出ていますし。
今回は、電池交換しません。

充電池でなく、乾電池にする改造をしようと思っています。
その際電球は、LEDにしましょう。

 

そんなことを考えていたら、エネループなどの充電器は、まさに非常灯にピッタリだと思いました。
商用電源に指してあり、電池が充電されている。
あとは電球と、停電の検出回路だけあれば停電灯ができます。

そんなことを考えていたら、すでにやっている人がいました。

自分の考えたのもまさにこれです。

 

PR: 緊急時には取り外して懐中電灯としても使用できるLED電球

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2014年09月17日

RE:イヤホン修理改造一案

先のイヤホン修理改造の記事のなかで添付された写真を見て気づいたのですが、それは巻き取りリールタイプのイヤホンの写真があった事です。 このような便利な物があること自体知りませんでした。(さほど家電量販店にも積極的に行かないものですから情報にウトイ)
 
自分が幾つか持っているイヤホンのなかの一つが音質もまあまあなので気に入っているものの、欠点は胸ポケットにIPODなどを入れて使っているときは良いのですがそうでない場合はリード線が短いために延長ケーブル無しでは使えません。
勿論専用の延長ケーブルも持ってはいますが、今度はこれが長すぎるためにリード線が絡んだりして使い勝手が今一つでした。
 
P1030326
 
そこで延長ケーブルを巻き取りリールタイプに改造できないか? と思い100均ショップでリールだけ欲しいのですが流石にそう都合のいいものだけは売ってはないでしょうからイヤホンASS’Yを購入してきました。
 
P1030324
 
リールの分解はビス一本外すだけなので簡単なのですが、ゼンマイが入っているので分解時にいっぺんに飛び散ってしまいどういう仕掛けで組み立てられているのか分からなくなる可能性があるのが嫌ですね。
 
P1030328
 
特に注意しなければならかったのは小さなベアリング球が一個入っていました。 (気づかずに紛失しやすいです)
これの役割はイヤホンリードを所望の長さに引き出したあとにスプリング力によって引き戻されるのを防止するためらしい。
 
リード線を入れ替えてゼンマイを巻いて何とか復旧したものの結局上手く行きませんでした。
というのはオリジナルのリード線は巻き取り用にリードが平らなリボン型であるのに対して、交換したいリード線はそのような工夫の無いただのリード線に加えて少し太いから100均の巻き取り機には窮屈で機構が回転できる余裕がありませんでした。
 
P1030330
 
せっかくここまでやってきたので諦めるのも残念なので代替品を探したところ、以前購入したIPOD用のケーブルが見つかり、これの方が100均イヤホンのものより巻き取りリールが少し大型なのでより適しています。 どこも悪くない品物なので分解するには少し惜しいものの、これでもう一回試してみることに・・・・・・
ちなみに今度の物は、100均の商品ではありません。
 
P1030331
 
分解してみると当然ですが機構は全く同じなので100均の分解で培ったスキル?が役立ちます。
100均より少し優れているところは、リール巻き戻し止めのベアリングが球ではなくて落下しないようなカムのようなものになっているために組み立てがより楽です。
 
P1030332P1030333
 
今度はリールASS’Yが少し大きくなっているために太いリード線もなんとか収まりました。
肝心の組み立て後の使用感ですがやはりリード線がリボンタイプではないので巻き取り時の回転が滑らかではありません。
でもまあ何とか使えそうなので改造して良かったと思います。
 
P1030334
 
 
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る