2014年10月24日

壁の埋め込みスイッチが甘くなってオンオフできない時の簡単修理

最近の壁スイッチは、デザインがスマートですね。
作動も、ちょっと押さえるだけで小気味良く動きます。

壁スイッチが甘い

でも、このスイッチ。 デザイン重視のせいか、耐久性では微妙です。 もちろん使い方にもよりますが、我が家の良く使う洗面所のスイッチが甘くなって作動しません(オンオフできない)。

カチッと入らすに、押してもずるっという感じでスイッチが切り替わりません。 タイミングよく強くたたくと作動することもあります。


「あー。 へたったね。」
一度、分解してみたことがありますので、想像が付きます。

「中のバネが折れたね。」

 

ということで、普通なら、
壁スイッチが、甘くなり、オンオフができにくくなってます。(YAHOO!JAPAN知恵袋)

の回答のように、スイッチ交換でしょう。
そして、電気工事士の資格が必要です。

 



今回は、電極部分に関係なく、機構のみの補修で対処します。
しかも無料。かつ慣れれば数分の作業です。
(資格も不要かと思います。 自分は所持していますが。)


原因は、内部というより、表面部分のスプリングが折れているだけなのです。(金属疲労による想定された破断ですね。 いわゆる仕様でしょう。 交換時期ですみたいな。)

修理は本当に簡単で、かつ正しく組み立てれば、悪影響を及ぼす理由がないので、覚えておいて損はないと思います。

(修理屋さんは損するかな。 ごめんなさい。 みなさんこの情報は拡散しないようにお願いします。)


まず、部品を確保します。

壁スイッチ_thumb[1]_thumb

このような、多数のスイッチが使われた場所を探します。
すると、中央部のスイッチは全く使っていないことに気づきます。
なぜ使わないかというと、ほんの、1.5m先に同じ電灯を付けるスイッチがあるためです。 第一、真ん中だけを操作するのは難しいです。

そこで、この真中のスイッチからスプリング(板バネ)を外します。
使う道具は、小さなマイナスドライバだけ。 慣れればそれも不要です。(指だけでできます)

(1)枠を外す。 (分解)
枠を外す_thumb_thumb
パカっという感じで簡単に外せます。

(2)スイッチ表面を外す。

表面を外す_thumb_thumb

左に支点があって、嵌(はま)っているだけです。
右側から剥がすように外れます。

この段階で、写真に見える青い部分を押すとスイッチは普通に動作します。 外した部分は、てこの原理でスイッチをより軽く作動させる板のようなものです。

カバーを外す_thumb_thumb
3個のスイッチから板部分を外しました。
使うのは、真ん中だけですが、やりやすくするために全部はずしました。 ポンポンポンで数秒です。

 

悪いスイッチ_thumb[1]_thumb

同じように、スプリングの壊れたスイッチも表面を外しましょう。

 

(3)スプリングを外す

スイッチ頭を外す_thumb_thumb

ここで初めて道具を使います。
単に先の尖(とが)ったものです。
ドライバでなくてもできますよ。

スイッチの表面頭部を外します。
まだスイッチ電極本体ではないです。

爪で取る_thumb_thumb

爪の丈夫な人は、道具不要かも。

 

スプリング_thumb_thumb

ここで初めて金属が現れます。
外した側についているのが、板バネです。
(交換後の再現写真のため折れています。)

スイッチ本体_thumb_thumb

スイッチ本体は、この部分です。

右、左とシーソーのように倒すとちゃんと作動しますよ。

ですから、折れた部分はスイッチのカバーですね。
だから、電気工事士資格が不要な軽微な作業だと思います。
コンセントプラグを差したり抜いたりしても資格は不要ですよね。
あたりまえですね。 ですが、スイッチの頭を外すだけの作業は、電極に全く触れない(全く現れない)という点ではプラグの抜き差しより安全です。

(4)スプリングを交換する。(交換)

板バネ_thumb[1]_thumb

板バネの写真です。
手前が折れています。 このため、スイッチのカバーを戻す力が無いので動作させられなくなるわけです。

板バネ[5]_thumb_thumb

この板バネ部分だけを外して交換することができます。
内部の機構を落とさないように気をつけてください。
一切、溶かし部などありません。
ただ細い支柱に挿入させているだけです。
(☓印の穴で噛み込ませています。)
よく出来た構造です。 さすがのpanasonicです。

スイッチ機構拡大

板バネの下にも部品があります。
簡単に外れますので注意。

(5)戻します。(復旧)
というわけであとは、はめ込みを戻すだけです。
挿入の際には、左右がありますので注意。
up↑の印に注意
UPの文字
左にはUPという文字。 右には■のマーク

 

交換後

バネを外した方は最初から押されたようになっています。
(これは使わないので無問題です。)


上の例では、使っていないスイッチを使うことで、無料で直しました。
ですが、ホームセンターでも安く入手できますので、分解の練習も兼ねて購入されることをおすすめします。

追記:機能説明のためスプリング単体(板バネ)を交換していますが、板バネのついた部品(スイッチの表面部分)ごと換えればさらに簡単です。

 

壁スイッチ単体部品

 

電気工事士関連〜amazon


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:30 | Comment(12) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2014年10月08日

ハロゲンヒーター廃棄処分

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターって、一時期すごい売れ行きだったと思います。
そのうち、リモコンが勝手に作動するとか、ヒーター管が割れるとかのせいでしょうか、最近は全く見ません。
 

3年前位に分解して捨てた写真がでてきたので、せっかくなのでアップします。

ネジ外し

 

ネジを外します。

 

首振り振り機構

首振り機構と、この黒いのは転倒検出スイッチ。

 

温度スイッチ

温度スイッチ オーバーヒート検出用でしょう。

 

温度ヒューズ

温度ヒューズは別にあります。

 

転倒検出

転倒検出は、マイクロスイッチに鉄のボール。
シンプルでいいですね。

 

グラスコード

ヒーターまわりの配線はグラス被覆です。

ゼンマイタイマー

ゼンマイタイマー

おもり

下部におもりが入っていました。

 

分解

分解廃棄 まだ大きい部品があります。

ジグソー

1980円くらいで買ったジグソーで試し切り

 

ばらばら

これで捨てられます。

ヒーター管は、とってあります。
なんか使えそうなので。

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 18:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 粗大ごみ分解処分

2014年10月07日

自転車のチェーンが外れたとき

変速なしの一般の自転車もしくは内装変速機付き自転車では、ほぼ無関係な話題です。
外装変速機つき自転車の場合は走行中にチェーンが外れることがままあります。 特に上り坂で踏ん張ってペダルを漕いでいるときにギアを軽くしようとフロントギアの変速操作をしたときに多発するようです。
走行中不運にも外れてしまった場合は、以前は素手でチェーンを掴んでギアに再び噛ませていたのですがそうすると当然ですが手が油で汚れてしまいます。
あいにくティッシュペーパーを持ってないときなどは、仕方なしに近くの木の葉っぱなどで汚れをぬぐっていたこともありました。
上手な人は靴のつま先にチェーンを引っかけて掛け直すことができるらしいのですが、自分には難しいし仮に出来たとしても靴先が汚れます。
 
P1030224
 
そのうち、もう少しなんとかしようと考えたのが使い捨て手袋を自転車のサドルの小バッグに常時入れておいて適宜使おうという手段。
 
P1030228
 
P1030229
 
この方法を暫く試してみましたが、マイナス面は手袋を後で始末しなければならない事と手袋が使い捨てとはいえ勿体ない。
 
P1030230
 
そこで手が汚れないためにはチェーンを引っかけるTOOLがあればよいと考え、適当な部材がないものか探してました。
身近にあるもので思いついたものはパンクしたときタイヤをリムから外してチューブを引き出すときに使うタイヤレンチ。 これはプラスチックのものからステンレスのものなど数種あり自分も数本持っていますが、その中で100均で以前購入したアルミのものが適当だと思えたのでそれを使うことにしました。
 
P1030219
 
先端の切り欠きがある部分は本来はスポークに引っかける部分なのですが、これから作る改良TOOLでは邪魔。 幸いなことにプライヤーで曲げたら直ぐ折れてしまいました。
残りの部分をU字型に曲げて完成。
 
P1030232
 
さっそく試してみます。
 
P1030225
 
 P1030226
P1030227
 
大したものでは有りませんがこのTOOLをサドルの小バッグに入れておきチェーンが外れたときに使ってます。
これまで数回ほど活用する機会がありましたが手を汚さずに何とか済んでいます。
************************************************************************************************************************************
<少しビックリした話>
 
台風一過で何時もの自転車散策コースにある河川もかなり増水していました。
普段はごく緩やかな流れで鯉とか亀などが何処にでもいるのどかな光景なんですが大雨で一変してます。
 
P1030368 
 
川面を見ながら走っていると右下に何やら生物らしいものが居るのに気付きました。
 
P1030369
 
近寄ってみるとトカゲらしいものが・・・・・・・・
それにしてもよく見掛けるトカゲより大分大きいです。
以前近所で大型のトカゲを見たこともあるのでやはりトカゲだろうと思いました。
 
P1030371
 
近寄ってみるとトカゲでは無くワニの子供らしい。 まさか!! と最初は思いましたが時折ニュースで個人で飼育していた小動物が手におえなくなって近所の川に逃がしたとか、あるいは小動物自らが逃げ出したという話も出ているので、てっきり台風の後だし逃げ出したワニだろうと。。。。。。
噛みつき亀とかスッポンもこの川で見たことあるので。
 
P1030373
 
で、もっと近寄って確認すると。 なーんだ模型でした。
それにしてもいったい誰がこうもタイミングよくここに置いたものやら・・・・
すっかり騙されてしまいました。 感心するのはリアルによくできた模型ですね。
帰宅してからも若しかしたら本物のワニだったのでは?? と思う事あります。
 
P1030372
 
 

 
 
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 14:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る