2015年01月27日

LED FLASH LIGHTの接点改善(少し)

このタイプのLED FLASH LIGHTは昔よく見かけました。 1W, 3W, 5W?と進化して職場でもあちこちで・・・・・
一昔前のモデルとなってしまいましたが自分が保有する物も一応現在でも健在です。
ONとOFFしかないし明るさも標準的ですが単二電池仕様というのが特徴でしょうか。
最初はエネループの単三に下駄を履かせて単二として使っていたのですがそのうち点かなくなってしまいました。 しかし通常の単二電池に戻すと何の問題もなく点きます。
状況から回路上の不具合ではなく接触不良だと思われましたが、陰極部分は電池の出し入れもするので接点は
簡単に磨いたりできますが陽極部はネジで取り外せるのは、レンズ部分だけで接点は手が届きませんでした。
仕方なしに単二電池でその後今日に至るまで使っていましたが、経済的にもヤッパリエネループでも使いたい。
 
P1150243P1150244
 
頭部はネジ部でしか分解できないと述べましたが、実は10年ぐらい以前に仕事中に約3メートル程度の高さから誤って地面のコンクリに落としてしまったことがあります。
そのときSWの下部付近に隙間が出来てしまいましたが、この部分で分割できることが思いがけず分かりました。その時はまだ購入して間もなっかったので分解せずに、その場でコンクリに打ち付けたら隙間が埋まって元に戻すことが出来ました。
 
P1150247
 
それから10年経って今頃陽極部の接触具合を確認する気になりました。
流石に高所から落として隙間を広げる訳にもいかないので今度はプライヤーで引っ張るなどしたら分割できました。 一度カシメを緩ましてしまうと癖になって意外と簡単に取れてしまいます。
 
P1150249P1150250
 
ついでに頭部をもっと分解して中を確認したかったのですがSWカバーを取っても抜けてこないので壊したら元も子もないので今回はやめました。
さて接点の板スプリング確認したところ一見すると普通の状態でしたが・・・・・・・・
 
P1160251
 
どちらかというと電池側に問題がありました。
エネループの陽極部は通常の電池よりヘソがあまり出ていません。
そのためFLASH LIGHT側の接点との接触が甘くなるようです。
 
P1210256P1210257
 
FLASH LIGHT側の板スプリングをもう少し起こしてもいいのですが、おそらく一時的にはしのげるでしょうが、またしばらくするとスプリングが甘くなって点かなくなる気がします。
そこでスプリングが寝ないように何か挟み込むことにしました。
消しゴムなどでもいいとは思いますが、水道の使い古しのパッキングがあったので、これを適当にカットしてスプリングの中に挟み込みました。
 
P1160252P1160255
 
エネループに下駄を履かせた状態でも点くように10年越しで回復しました。
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 18:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2015年01月22日

明るすぎて使われない道路埋め込み灯

写真の整理をしていたら、以前に撮った道路灯が出てきました。
今では気づかないような、すごく細かいことなのですが。
当時は道路灯にすごく注目していました。

このブログでは、なぜか道路灯の話題がありますのでアップしておきます。
撮影は2年前の1月、雪が降った日です。

道路埋め込み灯

ちょっと見にくいですが、止まれの白線の手前にある埋め込み灯
3つありますが、点灯していません。

いつ点(つ)くのだろうと疑問に思いました。
それとも電池切れ?

埋め込み灯を手で覆う

一方通行道路にある点滅灯、手で覆うと光ります。youtube

表面に太陽電池が見えるので、手で覆(おお)ったところ光りました。
故障ではなく、周囲が明るいので点灯しないようです。

照明がもう少し落ちた頃に点灯するようです。
いろいろ工夫されているようです。

 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工事灯

グルーガン。なぜ100円で売れるのかの研究

前回グルーガン(ホットボンドガン)の修理で、100円ショップで売っているということを書きました。

今回はなぜ安いのかの分析です。

コードの長さが違う

まず、電源コードの長さが日本製(右側)の半分程度の50cm

これで材料費節減ですね。

グルーガンパッケージ

パッケージに入っていたので電線の長さまで気にしませんでした。 しかし、ちょっと短すぎて作業性に影響します。

 

100円ショップのグルーガン

ネジを外します。

内部

内部です。 あけてびっくりデス。
作りが雑です。 型が悪いのでしょうか、それとも規格外品でしょうか。

日本製のグルーガン内部

日本製のものは写真でも作りの綺麗さがわかります。

ヒーター部

ヒーター部分は、しっかりと金属クリップで押さえられています。
この部分では故障になりにくいかもしれません。
内部に合った切れ端
分解したのは、内部でなにやらカラカラ音がすることもありました。
出てきたのは5cmくらいの樹脂片。 型抜き後の不要部分ですね。 あと、組み立ての際ですが、5本あるネジの2本が締まりませんでした。 締めても締めても止まらない。いわゆるネジがバカになった状態でした。

結論:安くするために相当無理をしています。
外観に出ない努力は素晴らしいです。

グルーガンの修理。 切れないヒーターなのになぜ故障?

 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る