2015年10月30日

カバンの把手(取っ手)修理(ベルトとカシメを使う)

バッグの持ち手です。
これがボロボロになって切れそうだったので、実験的に糸などで補強していました。
あまりにみすぼらしいので再修理。 カシメとベルトですっきり修理できました。


電化製品だけでなく、なんでも修理は実験でもあります。
カバンの取っ手

割りと良いビジネスバックだと思って使っていましたが、なぜか取っ手の部分がボロボロになってしまい、皮の切れ端をボンドで着けて、糸で縛って使っていました。
一応黒く塗っていたのですが、剥がれてくるし、糸はほつれて来るし。
ノートパソコンとか、カメラとか結構重いものを入れていたからかもしれません。

結局買い換えようとしたものの、気に入ったカバンが見つかりません。
最後にと、古ベルトの皮と、カシメを使ってみました。 これも実験です。

革ベルト

使うベルトは、安物の合皮製。 いつも使う部分で折れてしまったもの。

カバンの把手を切る

カバンの把手をカッターで切断。 簡単に綺麗に切れますね。
接続の糊代を残します。

穴あけパンチ

これも実験用に買った安価な穴あけで、ベルトと共に穴を開けます。 3mm直径
回転式パンチは、すごい粗雑な作りですので、だましながら使います。

カシメ

カシメの玉。 これも初めてのことなので、適当に選択。 8.5mm頭直径、厚さ8mm用、下穴約3mm
だいたいこれがどうやって固定されるのか、知りません。

カシメ台
カシメ打ち台(円形)があったので、これも購入。 土台の鉄(四角形)は、持っていたもの。
後で考えると、これは無くても良さそう。


打ち金具
カシメ打ち金具。 これで位置を調整し、かつ傷つかず丸く仕上げるのでしょう。

 

カシメを入れる

カシメを入れると、反対側はこんな感じ。 そこに受けのカシメを挿して、



カシメを打つ
撮影のため打ち金具棒を持っていません。

とにかく一発打ってみます。 今までリベット打ちとか、引き抜きリベットとか、やってましたが、こういう素朴な結合金具は初体験。

 

カシメ後

適当にやると、土台から外れて傷が付いたような潰れ方になります。


カシメ[6]

これは大一個と、中2個で試験的なカシメ。 後で中型カシメは抜けてきました。
たたき直して良好。

把手修理後のカバン

終わってみたら、結構簡単に修理できました。 接着剤も使っていないし。 塗装もしていないし。
使用感は以前より持ちやすくなって良好です。

 

結局のところ、カシメの長い足を持つ金具を差し込んで、穴の空いた方へ差し込み、無理やり潰すと、足が中で開いて固定される感じです。
頭の部分が平らになって良いのであれば、金台と、ハンマーだけで潰せそうです。
カシメの潰れ方
開かないで曲がったり、潰れたりしているかも。


使用機材



しばらくは修理後テェックです

しばらくは修理後の実地試験です。

 


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2015年10月21日

改造リングライトのコネクタ部断線

【Q】 配線が切れてしまい、修理をメーカーサービスセンターに問い合わせたところ、特殊な使い方をしているので、サポート対象外と判断されてしまい、修理業者様を探しています。 ソニー SONY HVL-RL1

【A】単に配線が切れているだけであれば、直せる可能性はあります。
ですがサービス対象外とされた理由がよくわかりません。
また断線部分の詳細写真を送ってください。

製品はわかりました。


【Q】 写真を添付します。

改造している関係で、線が切れやすくなっています。
このためメーカーでは修理できないということです。
リングライト線切れ

線切れ


【A】線切れだけで、他に不具合がないのでしたら直せます。



【修理】
受領しました。
電線切れ

リングライトの枠を外して、そのままですね。 これではすぐに切れます。
枠は、ケースとしての保護と、電線の固定を兼ねていますから。
このコネクタ(電線接続部)は、機器の内部用で、曲げやひっぱりに配慮されていません。

ただ、撮影で特殊な使い方をしたいことは理解できます。
どこへ戻すかよくわかりませんが、取りあえずつなぎます。

直すにはコネクタの部品(かしめピン)が必要ですが、本数が少ないのでなんとかしましょう。

微小コネクタ

すごく小さいので、顕微鏡で見ながら爪の上の樹脂部分を広げて、ピンを抜きます。

抜いたピン

ピンは小さいので、無くさないように。


ピンから残留線を除去
余分な電線を除去
ピンには、電線がカシメ(つぶし)でつながっていましたので、切れた部分が残っています。

ピンのつぶしを戻す
電線の絶縁部のつぶし部分を戻す。

電線の胴体のカシメ部分は戻せませんが、被覆押さえの部分は戻せます。
やわらかい銅製

電線挿入

電線には半田メッキ(事前半田)をしてからピンへ半田付けします。

かしめ

半田付けがうまく行ったら、絶縁部をかしめます。
これで、ピンを新たに付けた状態と同様に使えます。
メスピンが挿入される部分は、先端部だけです。

別のコネクタ

別のコネクタも同様にピンを抜いて半田で接続します。


接続電線の色

線の色は、上から白、緑、赤、黒で接続。(事前に仮付試験して確認)
結局2台分、コネクタ4個、電線8本すべてやりなおしました。
残っていた電線も軽く引っ張ると簡単に切れて抜けてきました。


【作動試験】
動作試験

リングライトの作動を確認します。 白色LEDの数がわかります。

半分照明 半分照明[5]
スイッチで、半分の照明が点灯します。
明るさも変化させられます。



【補強】
このままでは、またすぐに切れることは明らかです。
補強します。
補強

基盤からファイバーの糸と、ファイバグラスチューブで補強しました。


リングライト電線補強

修理後。 (エポキシ樹脂で更に補強)

一方はSONY リングライト HVL-RLAMでした。(明るさ調整がディミングノブではなく、HI-LO切り替え)

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 修理改造相談

2015年10月14日

おもちゃで、ゴムが劣化して切れてしまいました。 (修理改造相談)

youtube[10]

youtube[8]

(相談者)このおもちゃなのですが、ゴムの巻上げ(?)で乗り物が上まであがって滑り落ちていくんですが、肝心のゴムが劣化してしまい、ボロボロに切れてしまい、乗り物が上まで上がらなくなってしまいました。 レールの下部にある、赤と白の屋根の部分にモーター(?)があり、そこでゴムの巻上げをやっているようなのですが…。 文面だけでは判断しにくいかと思いますが、修理、もしくわ改造は可能でしょうか?

お返事お待ちしております。

このメールは 家庭用品修理士隊まとめサイト
(http://home-repair.ipwo.jp) のお問い合わせフォームから送信されました。


参考情報:

Mr Christmas Tornado Rollercoaster (google画像検索)

類似商品:

トルネードローラーコースター


(墨田のY)
破損の程度は?
代替品を調達するか、作るかですね。 寸法・形状は?

(相談者)
・ゴムがブツブツと切れて修復が不可能な程にボロボロ
・古い海外製で、ゴムの取り寄せは困難
・写真で分かりますでしょうか。
ゴムベルト

破損ベルト

ベルトの寸法

破損ベルト[4]


(墨田のY)
幅、太さ約3mm のゴムベルト状で、ギヤにはめ込まれる感じでしょうか。

チェーンベルト

映像では何か太いベルトのような感じにも見えますが。

このベルトだけを確保すれば良いということであれば、
類似品でタイミングベルトを使えるかもしれません。


(相談者)
お返事ありがとうございます。
内部の画像を撮ってみてみました。

内部
写真1

内部[5]

 

内部[9]

おもちゃ内部

何か参考になりますでしょうか…。

おもちゃベルト挿入位置

白線で引かれている部分にゴムベルトがくるようです。

モーターが動いているところも載せたいのですが、
動画の載せ方がわからず…すみません。


(墨田のY)
なるほど。 しっかりした作りですね。
ベルトは1本のようですね。
なぜベルトは、ひょうたんのように両側に突起を設けてあるのでしょうかね。

単に駆動ベルトなら、片側は平らで良いのですが。
あとは、片側だけの突起で良いとすると、ピッチ(ギヤの歯の間隔)が合う必要があります。

ピッチ[4]
ピッチは正確に測ってください。
10個分測って10分の一にすると良いと思います。

上がってゆく坂を正面から写した写真がほしいです。
車両がどうやって保持されるのかが見たいです。


(相談者)

お返事ありがとうございます。

「なぜベルトは、ひょうたんのように〜」ですが、
車体をベルトに引っ掛けて上に上らせているからのようです。

image

カート[4]

カート[6]

カート[8]

カートにベルトがひっかかる

画像をご覧のように、車体の左に突起物があります。
この突起物がベルトとかみ合う事で上にあがる仕組みになっているようです。

ピッチは3mm

ピッチは3mm 赤い線の部分は1mmです。


(墨田のY)
うーん これは。
ちょっと考えさせてください。
できれば破片を送ってください。(返送します。)
硬さを確かめたいので。
どなたかからのコメントも期待したいです。

(相談者)

 

すみませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


(墨田のY)
その後少し調べたり、専門家にコメントをもらったりしました。
結論として、直せ(動かす)ると確実には言えませんが、動く可能性はあります。

・メーカーの、Mr Christmas Inc で検索してみますと、roller coasterを2台持っているけれど、5-6回動かして、ベルトが切れてしまった。しかも、メーカーではベルト部品が無いという書き込みがありました。 これで考えられることは、仮にベルトを入手して交換しても、それだけでは満足な修理とならないということです。

・代替品に関して、ゴムの専門家によると、似たようなベルトがあっても入手は難しく、同じような強度にあるベルトを作るとなると金型が必要です。(高価)

・ただし最初の写真1を見ますと、駆動ローラーは歯車ではなく単なる溝のようです。 したがって、入手しやすい片側突起のベルトを使って、若干の試行錯誤(改造)をすれば動きそうです。

*仮に修理するとしても、時間がかかり、確実では無いとうことです。
---------------

その後似たようなピッチのタイミングベルトを購入してみました。
ゴム製タイミングベルト
送ってもらったベルトの破片は、まるで粘土のような状態です。 いわゆる加水分解でしょう。
これ自体の修復は不可能なので、代替品が必要です。

タイミングベルトを試しに購入してみましたが、似たようなピッチです。
強度は比較にならないほど強いので、これで修理すれば動かせるかもしれません。

タイミングベルト

60S3M1572 タイミングベルト HIROBO
実測約157cm 長さ、5mm幅、2mm高、3mmピッチ。

posted by 家庭用品修理士隊 at 22:51 | Comment(10) | TrackBack(0) | 修理改造相談
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る