2015年12月29日

何かチョット変?な自販機

最初に生活家電修理などに関わる話ではありません。
 
自転車で散歩に出かけた時に折り返し地点で日頃よく利用する自販機群です。
 
PC030490
 
特に決まった飲料というものは無いのでその都度飲みたいものを選んでいます。
今回は黄色円内の物を選んでボタンを押しましたが、ボトルが落ちるボトッという音はしましたが
取り出し口には何も出てきません。
 
PC030492
 
おかしいな? と思って取り出し口をよく見ると・・ 「引き抜き監視」という注意書きが
あります。 入金せずに取り出し口から強引に引き出す事故が散発しているようです。
こうしたことで多分自販機を壊されてしまって商品が出てこないのだろうと思い、自販機を
管理している店舗に行き、入金したけど商品が出てこない旨を話しました。
 
PC030494
 
店の人と一緒に確認したところ、何と商品は隣の取り出し口に、既にシッカリ出ていました。
自分は左右別々の独立した自販機と思い込んでいたので隣の取り出し口に出てくるなど
とは思いもかけませんでしたが、よくみると確かにコイン投入口は一つしかありませんね。
 
PC030495
 
自分がよく見なかったといえばそれまでですが、普通は直近の取り出し口に出てくると思うでは・・・・・・
posted by 家庭用品修理士隊 at 21:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2015年12月28日

レザークラフトもどき

数年前にIPAD用のカバーを購入しようとしたところ意外に高額なので、使わなくなった革製のBOOK COVERを代用して少し縫製改良して自作のカバーを作ったという記事を投稿したことがありました。
 
一応これまで問題なく使ってきていたのですが、皮の縫製については全く無知識であったので通常の布の裁縫に使う糸と針を使って自己流で見栄えもおかまいなしに縫ってました。
 
PA200477PA200480
 
最近、近所にスペシャルティコーヒーのお店が出来てから、チョクチョク寄らせてもらっている折にそこのマスターの趣味がたまたまレザークラフトであることを伺い、それについての話を少し聞いているうちに皮を縫うにはそれなりにキチンとしたやり方と道具が必要なことを初めて知りました。いわゆるレザークラフトですね。
要はいきなり皮に針を刺すのは無謀で、あらかじめ皮に針穴を開けてから専用の針と糸で決められた方法で縫っていくという
ことなのですが、それに必要な道具を少し揃えました。
皮に穴を開ける専用の菱目打ち、糸、針は購入しましたがプラハンマーとディバイダは持っていたのでそれを使います。
ディバイダは菱目打ちで穴を開ける前の下線を引くために使います。
 
PA200481
 
皮に穴を開ける作業で一番の難点はハンマーで菱目打ちを叩くときに煩いという事です。
近所迷惑にもなりかねませんから注意する必要があります。
騒音が発生しないように菱目パンチという専用道具も売ってますが一つ4000円弱ぐらいします。2つは必要なのでレザークラフトを趣味で日頃よく使う人には揃えておくと重宝しますが一過性の使い方をするにはハードルが高いです。
さらに皮の縁回りから縫う場合はいいですが、それ以外は無理なのですが大抵の作品は縁回りを縫う事が多いから欲しい道具ではあります。
 
Exif_JPEG_PICTURE
    AmazonのH/Pより
 
一応それなりに縫ってみたところ見栄えもよくなり、何よりもシッカリとIPADがホールドされるようになりました。
 
PC030496
posted by 家庭用品修理士隊 at 17:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2015年12月15日

粉末電動ミルグラインダー回転不良修理⇒注油で回復

 
お茶葉擦り器 KTG-0001

相当古い機械ですが、まだ綺麗です。
羽が回転しないので、モーターの軸受けに注油してみたところ、まだ使えそうです。


状況:
スイッチを押しても、ウーン と唸(うな)るだけで、羽が回りません。
無理やり回すと、相当固くなっていることがわかります。

下部の軸受け
下になる部分の軸受けです。 ここに注油してみたところ、かなり回るようになりました。
ただし、途中で「キーキー」という異音がします。
上部の軸受けにも注油が必要です。

上部軸受け

上部は、全体を分解し(中身を取り出さ)ないと注油できません。
ネジ2本ですが、ケースへの密着度が高いので若干面倒です。

注油
上部軸受けへの注油。
軸受けはベアリングではなく、スポンジ状のものだろうと思います。
たっぷり染み込ませます。

注油

注油は、上部と、下部2ヶ所の軸受け部だけです。

モーター部

モーターは120[W]ですので、結構なパワーがあります。

給電部のカーボンブラシは、まだ充分残っています。
外側にサビがあっても、この程度は問題ありません。

注油で、良好な回転になりました。
一回の使用時間が少ないので、当分使えると思います。
(90秒以上連続運転しないでください。)という注意書きがあります。
それ以上回すと、モーターのコイルが加熱して、煙が出てくるかもしれません。

注:回転羽に触るときは、絶対にコンセントプラグを抜きます。(指先怪我の危険)

 


家庭用品修理士隊


買い換えるならこの機種がいいかなと思います。

油は何でも効果があると思います。
ただし、匂いのきついものは避けたほうが良いと思います。

食品機械用として販売されている油・グリスなら安心でしょう。

posted by 家庭用品修理士隊 at 03:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る