2016年01月29日

REGZA TV内蔵HDDが壊れたら・・・

7年以上前に購入した液晶テレビREGZAの内蔵HDDについての記事です。
 
購入時は予約録画が手軽に出来るので余り深く考えずに内蔵HDD付をを選んだ訳ですが、しばらく使っているうちにHDDは消耗品なので数年先に壊れた時にどうする? このHDDはどこでも見かけるような型ではないので多分その時には同じHDDは入手困難であろうと予測されました。
 
 P1050514
 
幸いこのテレビには内蔵HDD以外に外づけのHDDも接続できる外部端子もあります。ただしeSATAという規格の物しかつなげないのが難点ですが、TVを購入してから1年も経っていなかったのでその当時はeSATA対応のHDDは容易に入手できました。
そこでこの外部接続HDDをメインに使って内蔵HDDは極力使わないように温存してきました。
 
P1050518
 
ところが5年以上こうして使っているうちに、この外付けHDDも調子がわるくなってきました。
5年も経過すると流石にeSATA対応外付けHDDなど販売しておらず同規格のものは入手困難。
取りあえず中身のHDDだけを交換することにしオークションで同規格のHDDを入手し交換しましたが、うまく作動しませんでした。入手したHDDが良くなかったのか、規格が適合しなかったのかよくわかりません。
以前、もう一つ別の外付けHDDを購入した事があったのですがそれは少し再生が進むと画が止まってしまい使えなかった事があります。 云えることは使おうとするテレビに動作確認がとれているか?という事ですが、外箱等にそれが記載されているのでもう少し注意深く見ておけばよかったという経験があります。
 
P1050519
 
仕方がないので虎の子の内蔵HDDをしばらく使っていましたが、これが壊れたら困るのでなんとかしたい。
 
P1050508
 
外国のサイトなどでは新品で売っているのもありましたが、とんでもなく高価。 国内のオークションでは時々出物があるものの中古で動作確認も曖昧なものが多く・・・・・・・
 
P1050512
 
中身の2.5インチHDDだけ交換すればいいと思いましたが、そう簡単ではないようで成功例がありません。
多分、内臓HDDの場合はベンダーIDを確認している? ので純正採用されている特定モデルしか認識されないのではないかという意見もあります。
 
 
 
調べた結果、外付けのeSATA端子を使って成功しているブログを見つけたのでその方にならってやってみました。
この方法だと部品代すべて込みで8000円程度でできそうです。
 
まず2.5インチのHDDを用意。 このタイプはゲーム機PS3のHDD換装などで購入されている人が多いようです。
P1050511
 
次にHDD電源供給用としてUSB充電器が必要。 1A以下のものだと動作が不安定もしくは動作しないという意見もあったので少し高価ですがMAX 2.4Aのものを購入。
 
P1050509
 
最後にSATA – eSATA 変換ケーブルを用意。(これは安いですね。)
 
P1050510
 
外付けeSATA端子に差し込みます。
 
P1050515
 
2.5インチHDDの置き場所ですが幸いテレビに予めケーブル類を止めるのに用意されていたタイラップを、そのままHDDを固定するのに使えました。
 
P1050516
 
電源を入れてみるとアッサリ認識されたので、これで内蔵HDDが壊れても大丈夫。
しかもオリジナルの内蔵HDDが容量300GBであるのに対して、増設したHDDは容量1TBもあります。
 
P1100522
 
使用して一ヶ月以上経過しますが順調に動作しています。 1TBもあるので録画したものを早期に消さなくてはとはいう気遣いも殆どしなくて済みます。
ところで東芝もテレビ事業から撤退する予定だという報道を見ましたが惜しいですね。 REGZA LINKという機能は本当に便利で、一つのリモコンで複数の機器を操作でき重宝してたのですが残念。
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 18:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2016年01月08日

セラミックファンヒーター連続運転を不可に・・・ (修理改造相談)

(相談者)
先日AmazonでPanasonicの
セラミックファンヒーター DS-F1204
を購入し仕事の時足元の寒さを防ぐの使い出したのですが
社内ルールの関係で「できれば連続運転ができないようにしてください」と言われています。
 
 
1428110410405

スイッチダイヤルを右に1つ回せば連続運転
左に時間分回せばタイマー運転というしくみになっています。

連続運転できないようにカスタマイズする方法はあるでしょうか?

多少費用がかかってもかまいません。
ご教授いただければ幸いです。
よろしくおねがいいたします。

このメールは 家庭用品修理士隊まとめサイト (http://home-repair.ipwo.jp) のお問い合わせフォームから送信されました
****************************************************************************************************************************************
 
自分も昨年まで使っていた電気ヒーターが容量の関係で電気代があまりに高いので先日もっと容量の小さなヒーターを購入しました。
大手のメーカーの製品ではありませんが、やはりタイマーモードと連続運転モードの切り替えができるようになっています。 連続運転の場合の切り忘れの心配のためにタイマーモードが付いているようです。、最初はもっぱらタイマーモードを使ってましたがそのうち頻繁にタイマーをリセットするのが面倒になって、相談者の方とは逆ですが連続運転モードで使っていることが増えてきました。 容量もLOWで200Wですし・・・・
 
P1080520
 
相談者の場合は会社で使っているという事なので点けっぱなしの場合に万が一火災になったら怖いということでしょうね。
連続モードを使用不可にすることは可能だと思います。
例えば連続にまで回らないように、機械的にシャーシから突起物を出して、つまみを改造して連続側に回らないようにするとか、電気的には連続のときに使う配線を外しておく(中を開けてみないと、はんだ付けなのかターミナルづけなのか分かりませんが)等をすれば比較的容易に改良はできるとは思います。
 
但し何時もこういうケースで出ることなのですが、注意しなければならない点は改造は100%自己責任となるので万が一これによって後日いつの日か内部で電線がシャーシー等に接触して火災などが生じても全て責任は改造した側にあるので何処も面倒をみてくれません。
特に電気暖房機などの白物家電は相当以前の機種でもメーカーが不具合を認めてリコールを呼び掛けている記事を日常よく見かけるほど神経質な対象物ですから・・・
内部の配線をイジル場合でも多少は電気の経験が無いと、単に外した配線をビニールテープなどで覆っておけばいいというぐらいに考えていると、仮にも電気ヒーターなので内部の熱でテープが解けて他に接触してショートするような事も最悪考えられます。
少し冷淡な意見で申し訳ないですが・・・・
 

墨田のYです。
横浜のTさんの答えと基本的には同じです。 改造は容易ですが、やらないほうが無難です。
このような、半ば公共物に改造するのであれば、
・容易に改造できる。
・改造の効果が確実である。
・改造していることと、その理由が容易にわかる。
・容易に戻せる。

ということを満たせば、よいかと思います。
外部からスイッチを右へまわせないように邪魔板を付けるなど。
それができなければ、コンセントタイマーをお勧めします。

コンセントイタイマーの特徴は、数時間を簡単に設定して、その後切れるという単純なものです。
夜寝るときなどは、ヒーターのタイマー+コンセントタイマーを使えば安心度合いは二乗です。
プラグの差込口は三つありまして、差込口にテープでも巻いてプラグが抜けないようにしておけばさらに安心です。

出社したら、勤務時間の8時間などに合わせておけば、飲み会の後で「ファンヒーターを切り忘れたー キャー」 ということもありません。

電流容量に気をつける必要がありますが、15Aですので問題ないですね。
比較的安いので、ファンヒーターとセットで購入をお勧めします。
実は、今コンセントタイマーを使っていまして、スタンド照明を一緒に付けています。
そうすると、スタンドがついているときはヒーターが作動しているということがわかりますので、場所を離れるときにはこまめに切ることになり、電気代の節減にもなります。

今回はご相談ありがとうございました。

posted by 家庭用品修理士隊 at 23:01 | Comment(2) | TrackBack(1) | 横浜のTさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る