2016年05月30日

★ 超低出力・・・改め"烏追払用 低出力レーザー光線銃"。

(元記事:http://ayijak.blog.fc2.com/blog-entry-1869.html)

近頃、烏の被害(ゴミ荒し・糞害・植木被害・・・etc)がまたぞろ酷くなって来た。
当家の屋上を縄張りにしている一派がおるようで、どっかのゴミを漁ったレトルトやパック等を屋上まで持って来ては食べ散らかして行く。ついでに盛大な糞を垂れて行きやがるから、こちらもかなり深刻である。

エアガンを持って追っても、きゃつらはしっかり射程を分かっていて3つ先の電柱までしか逃げない。こちらが何も得物を持っていないと完全にバカにして、数メートル先の手すりにも平気な顔で止まってカァーカァー鳴いて牽制する。
先日、洗濯物干し中に油断していたら、急に現れて頭の上擦れ擦れをフライパスして行きやがり、ついに直接威嚇攻撃に出てきた。


100均玩具 (改) レーザー光線銃。
--------------------------------------------------------------------

長射程の武器が要る・・・作ろうっと、出力高めのレーザーモジュール等を注文したが、例のごとく何時届くかは分からない。
とりあえず、以前作った"超低出力レーザー光線銃"を手直しし、"射程100m(期待値)
低出力レーザー光線銃"として前線配備した。


module交換。
--------------------------------------------------------------------

a:この玩具ホントよく出来ていて、素材としてまた欲しいのだが、もう100均で見かけない。


b:上が交換した、公称50mw(ChinaJoke^^;)のグリーンレーザーモジュール。ダイオードは真鍮製のぶ厚い筒で守られていて、安心感がある。レンズはガラス製でフォーカス調整も可能。ドライバー(定電流))回路も載っており、見た目は結構確りしている(ハンダの質がちょっと悪いか)。無放熱の場合は連続照射は20秒以内にせよとの注意書きがあり、たしかにかなり熱を持つ。



a:野外にて 隣家の壁まで約30m、ほぼ肉眼でもこんな感じに見える。


b:室内では眩しいくらい。左側のドットは、公称10mw(コレも・・・以下同文)のペン型レーザーポインター。実際の出力値は不明なれど、こちらの方が明らかに高輝度である。

昼間でも50mくらいは十分明るいドットが見え、100m程まではかろうじて視認可能・・・って感じだろうか。曇天・夕方なら、射程は倍くらいに伸びる。
実際、この光線はかなり威嚇効果かあるよで、止まっている辺りに照射すると大抵は即座に逃げ出す(全く動じない個体もいる)。
しかし、拳銃型では一撃必中っと言うわけにはいかない(無駄に周りを照らさなければならない)ので、やはり照準できる長物タイプの配備が急がれる。
posted by 家庭用品修理士隊 at 16:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん

2016年05月26日

設計寿命と製品寿命

 これまでトイレで使用してきた人感センサー付のLED電球が最近チカチカ(FLICKER)する頻度が高くなってきました。突然消灯してしまうかも知れないので、最近はフラッシュライトも持ってトイレに入っているような有様でした。
過去経験したLED電球の不具合としては、チカチカするという現象ではなく突然消えてしまうという現象でしたから自分としては初めての経験です。
まだ息はあるのですが、トイレで真っ暗になったら困るのでダメになってしまう前に早めに看取らせてもらいました。
 
 
P5170565
 
 このまま廃棄する前に、いつものように解体してみました。
このメーカーさんの電球はフード部分はガラスではなくプラでしたが、しっかり接着してあったので剥がすのに結構手間取りました。
人感の赤外線センサー部が特徴的です。
 
P5170568
 
冷却フィンはアルミ製でこれは簡単に外れます。
意外だったのが基盤の周囲にいつものようにビッシリ黒の充填剤で埋め尽くされているものとばかり思っていたのですがそういう物は見当たらず代わりにアルミの小片が貼りついていました。
どうやら基盤の放熱をこの小片を介してフィンの付いているハウジングに伝えているようです。
 
P5170570
 
内側の白い筒は精密ノコギリでカットしました。
 
P5170571
 
熱を発しやすいトランスとレギュレーターにこの小片が、密着していました。
 
P5170572
 
いつものようにMADE IN CHINAでしたが、この基盤は半田づけも綺麗で丁寧に作られており好感が
もてます。
このLED電球の購入記録を見ると2011年10月と書かれてましたから、約4年半はもったことになります。流石に40000時間には達してないと思いますが、これまで購入したLED電球のなかでは最長です。再びこのメーカーの人感センサー付き電球を購入しました。
たぶん東京オリンピックまではもつことでしょう。
 
P5170573
 
LED電球は一般的に40000時間もつはずなのに実際はとてもそこまで耐久性は無い事に不信をもっていましたが、この製品は外箱に40000時間というのは設計寿命であり製品寿命ではありません。という記載があったので、残念ながらなるほどと思うしかありません。
しかし他のメーカーさんの外箱には40000時間という表示が誇張されて大きく表示されていた物も過去あったように思います。
 
P5170566
 
人間も各臓器等の設計寿命は50年程度らしいですから80過ぎまで平均寿命が延びているのは大したものだと思います。
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2016年05月22日

壁掛け時計を、置き時計の部品で修理

壁掛け時計
修理後の壁掛け時計

壁掛け時計は、シンプルなものが好きです。
なんだかカチャカチャ音がして、よく遅れます。

ムーブメント

裏にはムーブメント(運針機構)が見えています。
カバーをはずしてみました。
クオーツ(水晶)式なのですが、大きなコイルがあって、小さな磁石をコマのように回しています。
要するにモーターですね。一定速度で回転するのでしょう。

こういう形式のムーブメントは、スイープタイプというようです。
コチコチ音がありません。

分解

分解して、歯車のホコリを取って組み立てたのですが、針が動きません。

時計のモーター モーターの裏
Youtube映像 時計モーター モーターは、裏に円形磁石があって、十字型の鉄片が突起しています。

モーター単体では勢い良く回るのですが、次の歯車までがやっとで、それ以上噛ませると周りません。
何度やっても回りません。噛合がわるいのかもしれません。腕も悪いでしょう。
もともと遅れる不具合があるので、この際ムーブメントごと交換です。


ムーブメント取り外し

時計分解

時計本体は、裏で断面円形ゴムで抑えているだけです。
ガラス外し

ガラスを外せば、針がむき出しです。
針を外す

時計の針は、ピンセットでくさびを打ち込むような感覚で押せば、簡単に外れました。

中心ねじ

あとは、ムーブメントを中心で締めるネジを外すだけ。
溝タイプだったので、小さなハサミで時計ツールを代用しています。

代替ムーブメント

ムーブメントは、使っていない時計から借りてきます。
ムーブメント[4]

ムーブメントは外形がほぼ同じですね。
元の針も、そのまま使えるでしょう。

針を仮付け

youtube 針の仮付け

交換後の針部

ムーブメントは、ナットで取り付けました。
針の間隔は良さそうです。

良好に動作しています。
ただ、秒針を12の位置で固定しなかったので、ちょっとずれています。
まー時刻認識には影響ないです。




ムーブメントには、電波時計の機能を組み込んだものがあるんですね。
全体に安い(1000円以下もある)ので驚きました。
また、飾り針だけでも種々入手できるので、模様替えも自在ですね。


 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る