2016年05月14日

はじめまして・・・と、モータ電源の電圧調整について。

はじめまして 関西在住の”鍛冶屋”と申します。

不作法者ゆえ至りません事多々あるやとも思いますが、拙いながらも何かを発信していければなぁと考えておりすので、宜しければご意見・ご指導・ご鞭撻など頂けましたら幸いです。

皆様、どうかよろしくお願い致します _(^^)_ 。





モータ電源の電圧調整について。

-----------------------------------------------------------



電動工具などを使っておりますと、商用電源(100v)ではパワーが出過ぎると感じる事が多々あります。

そこで、簡単に電圧を調整する手段をいくつか持っていると、作業がより安全・快適になると思います。





旧型のミシンで一般的だった抵抗式の電圧制御は、仕組みも簡素でとても使い良いのですが、その耐圧が低いのが難点ですね。

(じつは、これらを使用するのに何か情報はないかなぁ・・・っと検索していて、こちらのブログ・活動に行き当たりました^^)。





このペダルは、差込み口が最初からコンセントタイプになっていましたので、そのまま他の機器も接続できます。”ライト”とある方は常に100V直で、コントローラとは別回路になっています。







こちらは、SCR式の調光機です。

上は古いムードランプ(?)から切り出したモノで、定格は200W(2A)です。

下は自作用のとして売られているモジュール(完成基盤)で、耐圧は20Aもあります(スペック表では無放熱では5Aまで使用可能となっていますが、かなり発熱するのでやはり何らかの放熱対策は必要だと思います)。





SCR式の欠点は、負荷がモーターなどの場合0〜から緩やかに動き出すのではなく、ある一点から急に動作しはじめる事です。耐圧の面でも余裕があり安心ですが、あまり使いやすいとは言えません。





裏技(?)として、↓なんて方法もあります。



これは、何らかの負荷を直列で入れて無理繰り減圧する方法です。

※写真では適当に電球を繋いでいますが、本当は300W位の負荷を掛けなければモーターは作動しません。

この方式の良い所は、耐圧を全く考慮しなくて良い所です(たとえモーターが壊れてショートしようと、電球が明るく灯るだけですから)。







100均のスイッチ付きのタップに整流用ダイオードを入れ、半波整流して流れる電流を半分にしちゃう方法です(出展:”ラジオペンチさんの頁”)。

電流が半分だからっても出力も半分になると言う訳ではなく、体感としてはこのモーターで20〜30%減って感じです。

自分は、もっぱらこの方法で使っています。









また、ペダル(コントローラ)と一緒に剥ぎ取ったモーターは汎用性が高く、このミニーボール盤の補完部品としても使えそうです。




-----------------------------------------------------------



以前から、同好の士が情報・意見を持ち寄って、一つところで発信・発表・啓発・交歓・討議・・・などなど、出来る方法・場所はないものかと思っておりました。

”家庭用品修理士隊”のご趣旨を拝見し、これはまさに意を得たりと感じましたので、是非自分も参加させて頂きたくお願い致した次第であります。このご活動が、今後もっともっと盛り上がって行きまする事を願っております。



ではでは 鍛冶屋 /^^)






 
posted by 家庭用品修理士隊 at 19:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん

2016年05月12日

RE:歩数計のクリップ破損修理試行錯誤

クリップ修理の記事を見ていたら少し刺激を受けて、自分の歩数計のクリップももう少し改善しようという気になりました。
現状はすべり止めとして紙やすりを貼り付けていますがズボンの布地に擦れてハガレかかったこともあります。
 
P5010555
 
紙やすりを辞去して、クリップの接触面を削って滑りにくくすることにしました。
 
P5010556P5010557
 
削った効果を確認するために凹凸を作ったクリップと何もしないクリップとを布地に挟んで比較してみたところ、凹凸効果
が少しはあったように感じますが思っていたほどではありません。
やはり金属爪のようなものにしないと安心して装着できないのかも知れません。
 
そうこうしているうちにクリップが折れてしまいました。
恐らく小刀で溝をつける作業のために幾度となくクリップを開閉しているうちに無理な荷重がかかって弱く
なってしまったようです。 100均のクリップだからという訳ではないでしょう。
もともと紙を挟む目的のクリップなのを目的外に使っていますから・・・・・・・
 
P5120561
 
新しいクリップを削ってまた同じことをするのも芸がないので他の方法をと思っていたところ、台所でアルミのラップを使って
いたらお手頃のカッターがついている事に気づきました。
丁度使い切ったラップがあったのでこれを少し加工してみます。
なお大したことではありませんが、カッターの両サイドの刃の形状が異なっていることに初めて気づきました。
直接アルミを切る側は尖っていますが、反対側は多少丸みを帯びていますので必要により使い分けるといいかも。。。。
 
P5120559
 
両サイドを折り曲げて接着して完成。 布地に対する滑り具合を直ぐに確認したところ大変に具合がいいです。
ヤハリ金属刃は素晴らしい。
 
P5120562
 
脱落しないことを確認のために近所を散策していたら、頭上でヘリコプターのような騒音が聞こえたので思わず見上げたら
オスプレーが厚木基地に着陸態勢に入っているところでした。
そういえば先日も近所の人がヘリコプターでも飛行機でもないようなものを見たと云っていたので、複数回厚木に飛来
してきているようです。 数年前に厚木にオスプレーが初めて飛来してくるときは新聞でも騒がれたことがありましたが、最近
はトンとそのような話題はありません。 こうして日常の何でもない風景として馴染んでいくんだろうなと思います。
posted by 家庭用品修理士隊 at 16:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

電子辞書の走り。電子広辞苑の不具合

電子広辞苑

電子広辞苑です。 相当古いと思います。
単4電池4本で動く仕様です。
キーボードが50音配置なので、パソコンのキーボードに慣れていない人向けですね。

電源を入れても表示しません。
液晶の全面が一瞬黒くなることがあります。

電子広辞苑分解

とりあえず分解してみます。 特に不具合は見られません。

この状態で電源を繋いでみたところ、一瞬だけ広辞苑が表示されました。
なにか不具合がありそうです。

電子広辞苑キーボード

キーボードは、二昔前のテレビのリモコンと同様の構造です。
金メッキされた電極と、ゴムのキーボードシート。 電極には導電塗料(カーボン塗料)が塗られています。 これはこれで信頼性があります。

電池からの電線が腐食

電池からの電極にすこし腐食があって、液漏れでしょう。 電線が切れてきたので、拡大すると全体が腐食しています。

まさか、これで高抵抗になって電力不足か。


>>続く


 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 00:39 | Comment(2) | TrackBack(1) | 墨田のYさん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る