2017年02月13日

やっぱりやって来た温水洗浄便座の10年サイン

昨年、温水洗浄便座の電源ランプについて投稿しました。
  ↓             ↓
 
先日この電源ランプが高速で点滅しているのに気づき、やっぱりついに来たと思いました。
この点滅は故障を意味するものでは無く、10年間使ってきたので単に安全点検を促すものという事を知っていたので驚きはしませんでしたが、高速で点滅しているのが気になって目ざわりです。
このメーカーの製品を使っている方は同じような思いをしている方も多々おられますが、点滅を止めるにはメーカーのサービスマンに来てもらって点検・リセットしてもらう必要があり7500円程度費用がかかるらしい。
点検だけでなくヒーターユニットなど経年劣化するものを一緒に交換してくれるのであればまだしも、単にクリーニングだけでは・・・・・・
何しろ15000円も出せば、このメーカーの一般的な新品が購入出来るので7500円出費してリセットだけしてもらう気にはとてもなりません。だけど点滅はうっとうしい。。。。
 
P2090742
 
リセットする方法を個人的に紹介して、多くの方に感謝されているブログもあります。
 
これ等を参考に自分もリセットを試みようと思いましたが、これまでの参考例を全て読みましたが自分と同じ型番の参考例がありませんでした。(ちなみに自分のはCW-RX1という型番)
成功例ではプリント基板上の不自然なジャンパー線をカットしてやれば良い。 型番が異なっても同じメーカーなので基盤を見ればわかるだろうと思いました。 CW-RX1は便器から洗浄便座そのものを全て取り外さないとカバー等が外れないので少し面倒。
 
P2090747
 
簡単にジャンパー線が見つかるだろうと思ってましたが・・・・・・・
よく分かりません。 それらしい物もありましたが3ヶ所あったので切ってからそれでなかったらまた繋げる必要があるので面倒。
 
ジャンパー線の他に不自然な抵抗器を切って成功する型番もありました。 自分のはどうもこちらのタイプらしいと思います。そしてそれらしい怪しい抵抗器もありました。防湿のためのクリアーコートがかかっていない不自然な抵抗器。 思い切って人柱になるか。。。。
 
P2090750
 
結局これだという自信がないので復旧しようかとも思いましたが、折角ここまで開けたので電源LEDにメクラをすることに方針転換することにしました。
 
P2090751
 
単にカバーの上からテープを貼ってもいいのですが、LED自体を覆ったほうが見た目が綺麗。
 
P2090752
 
電源ランプは点いていなくとも節電ランプもあるので特に何の不自由もありません。
 
P2090754
 
この種の情報を調べると、以前はメーカーからは無償でリセットには応じて無かったようですが、最近は交渉で粘った場合は、メーカーから調査票のようなものが送られてきてそれを送り返すとサービスマンが来て無償でリセットしてくれるというような記事も見かけました。
10年間なんのトラブルも無いのですから性能が確かなのは認めますが、7500円はあまりにも高いです。
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 17:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2017年02月12日

ダイソーのナイトライトを分解してみた。

ダイソーナイトライト

ダイソー ナイトライト

ダイソーさん。100円ショップの雄(ゆう:すぐれている)だと思います。
たまにゆくと、珍しいものを発見して買ってみたくなります。

ナイトライトを買ってみたら、これはいいですね。
ほとんど電力を食わずに暗闇がなくなる。

昔はネオンランプというものがありました。 これも電力を食わないのですが、照明になるほどの輝度(きど)を得られません。
ナイトライト

ナイトライトの点灯状態。

100Vの電灯線で、直接LEDを点灯させています。
いろいろな回路が考えられると思いますが、PSEマークを取得していて安全設計だと思われるので、参考のために分解してみました。
ナイトライトを分解
ナイトライトを分解すると、予想通り100vをそのままつかってLEDを点灯させています。

LEDは3[V](ボルト)程度の直流が必要。 供給されるのは100Vの交流。
そのままつなげれば、"パン"という音とともにLEDの先端がはじけ飛ぶでしょう。
LED駆動回路
LED駆動用の回路基板

この基板で100[V]ACをLED点灯用に減圧し整流していることになります。
基板

基盤のLED側

LED(発光ダイオード)は、黄色い色をした高輝度用が使われています。
照明とするには、この程度のものが必要なのでしょう。
部品で買ったら、これだけで100円以上すると思います。

回路図

回路図はこんな感じでした。(個人の感想です。)

いろいろな回路でLEDを点灯させることはできると思います。
このなかで壊れやすいのはコンデンサです。 できるだけ使いたくない部品です。
LED照明の初期、コンデンサを使わない製品設計で事務所を照明したところ、目に気づかない微妙なちらつきにより気分が悪くなるという例がありました。 人の感度はすごい。
また、別の例ですがコンデンサを過去、ニッカドバッテリー(ニッケルカドミウム充電池)を100Vから直接充電させる回路に使い、発煙事故が多発したことがあります。 その後100V直接の充電ではなく、小型トランス式に改良。

そういうことを知っているので、このナイトライトはPESPSE(電気用品安全法による基準を満たした証)を得ている例として参考になると思います。

PESマーク

PSEマークがあれば安心です。
PSE:Product Safety Electrical appliance & materials. 
      (製品) (安全性) (電気機器) (及び) (材料)

電気用品安全法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.html
(目的)第一条 この法律は、電気用品の製造、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的とする。

 

posted by 家庭用品修理士隊 at 21:31 | Comment(9) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2017年02月03日

ストラップ接続部品を共通化すると便利

各種ストラップ接続
ストラップ(ひも)の接続部品っていろいろありますよね。
なんでいちいち違うんだろうと思いました。
それで、同じクリップを50個。箱で買って、あちこちなんでも共通化したら便利でした。

日本メーカーの部品は精度が良く。 安心です。
携帯電話を紐でつなぐ
携帯とか、スマホとか。 なんでも繋(つな)いでいます。 同じクリップなので組み合わせは自由

レンズを紐でつなぐ

マイクロフォーサーズカメラのレンズキャップにもストラップ部品を付けています。

ズボンのベルトにも、カバンにも。
カバンのチャック部にも

カバンにつけた接続部品

とにかく50個を使い切り、また10個注文しました。

説明書き

袋の説明書きを読むと、設計では300gまでですね。
事故防止パーツってあります。 これはなんだろう。

回転部品
ネックストラップの途中にあったこういう部品のことかな。 引っ張られたときに切れる部分。

自分の場合、使用にあたって簡単に外れないように、2つの対策をしています。
(1)二重使用(一個外れたり切れたりしても大丈夫)
(2)外し爪の除去

外し爪の除去
外す際におさえる爪を切る。
こうすると、不用意に触っても外れません。 爪というか、指の腹かな?で両側からしっかり押せば外れます。

クリップ爪

最初はこの写真のように爪を広げて使っていました。
これでも不用意に外れることがありました。 爪を切ることで、予期せぬ外れは全くないです。
(紐が切れたことはあります。)

二種類使う

ウエストバックには、凹部、凸部両側の部品を取り付けています。
こうすると、いろいろな応用が利きます。 この部分だけで着脱する輪っかにもなりますし。

この方法によって、落下や紛失を相当防げたと思っています。
今でも入手容易ですので助かってます。
この部品。名前がよくわかりません。
なんでしょうね。 ナフ-M1で見つかりますが。

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る