2017年08月18日

電球型蛍光ランプのリコール

最近ポストに以下のチラシが入っていました。 内容はごくまれに内部のコンデンサーの破裂により電球のカバーが分離して落下する恐れがあるので回収したいという事です。 最近は新聞のリコール欄も余り見ないので全く初耳でした。
当然ながらメーカーからも情報発信されています。
 
この電球どこかで見た事あるなぁと思っていたら、確か大分以前に家でも使っていたものでした。
不具合対象商品がTOSHIBAだけでなくHITACHI、SANYO、NECも含まれているので結構な数ではないでしょうか。
 
P7270865
 
家でしばらく使っていましたがそのうちLED電球が普及しはじめて、LEDの方が長い目でみれば電気代が安いので得だと思って交換して、取り置いてました。(今から思えば、初期のLED電球は短命なものが多くてコスト面からすれば、このまま電球型蛍光ランプを継続使用し、LED電球の品質が安定した頃に交換するのが賢明でした)
型番等を照合するとリコール対象商品と一致するので、受付センターに電話してみたら新しい商品を送るので着き次第に古い商品を送料着払いで返品してくださいとのこと。
まだ電球型蛍光ランプは製造しているのですか?と聞いたら、もう製造終了している物も数多いのでその場合は同等のLED電球を送らせていただきますという返答です。
 
P7270864
 
LED電球が送られてこないかな?と期待しつつ待っていたら、数日後にキチンと送られてきました。
 
P7270866
 
一個は蛍光電球で、もう一個は嬉しい事にLED電球でした。
たった一枚のチラシでしたが、捨てずに目を通しておいて良かった。
 
P7270867
 
電球型蛍光ランプは(例えばAUDIO機器のMDのように一時的に流行りましたが)、じきにLED電球に押されて時代の流れですたれてしまいました。発色は好きだったんですが、電源投入から既定の照度になるまで時間を要するので頻繁にON/OFFするような場所には不向きでした。(例えばトイレなど)
商品のリコール情報は、エアコンなどの高価で大きなものは家電量販店等で購入すれば、顧客登録されているので、気が付かなくても知らせてくれますが、こういう小さなものは消費者側が日頃注意してないと見過ごされてしまいます。 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2017年08月17日

メガネ型ルーペの使い勝手

石坂浩二が出演しているCMでも有名な、ハズキルーペ。 以前から多少興味があったのですが、テレビショッピングで宣伝しているものなど所詮、過剰宣伝で効果のほどは眉唾ものだと思っていました。ところが最近、日頃から内容を信用している方のH/Pで(その方も日頃からこのたぐいのCMは過剰だと思っており信用していなかった)、このルーペを試しに使う機会が偶然あったそうです。
そうしたところ、これは便利だと多少ビックリして、これまでの考えを返上し直ちに購入したという記事を読んでから自分も欲しくなりました。 (新聞の細かい字を読むのも最近しんどくなって読まない日も増えてきた)
それでも定価で買えば1万円以上はする(Amazonでは8000円程度)ので即決は出来ません。
 
HAZUKI
            Amazon  H/Pより
 
どうしようか迷ってるうちに今度はラジオを聞いていたおりに、ラジオショッピングの快適生活で、同じようなメガネ型ルーペの宣伝をしているのを耳にしました。 早速ネットで検索すると・・・・
こちらは1本で4000円程度で2本同時購入すると2000円引きで6000円(税抜き)ということで、ハズキと同じ1.6倍なのでこっちの方がお得感があるような・・・・ でも外観はハズキの方が明らかに見栄えがいい。
どうしようか?? 数日間迷いましたが、2本という魅力に引き付けられて快適生活の方を選んでしまいました。
 
P8130869
 
配送されてきた商品は自分が思っていたよりも結構ごつくて、工場などでよく使われる保護メガネ、もしくは花粉症の方用に巷でよく販売されている花粉よけのメガネのような感じで、メガネをかけてみるとあまり快適とは言えないような物でした。 ただし肝心のよく見えるか?という点では確かによく見えるので結構評価が難しい。
 
P8130870
 
ごついという以外に、鼻パッドの部分が調整不可なので、どうにもしっくりこないのが一番の不満。
外人のように鼻高だといいのですが・・・・・
そこで思いついたのが、100均で以前買ったグルーガンを使って肉盛りしてみようと思いました。
 
P8130868
 
ガンで肉盛りしてまだグルーが固まらない熱いうちにメガネをかけて鼻に押し付けてそのまま型をとってしまいます。
気を付けないと鼻が火傷する危険性がありますが、グルーが少量なので大丈夫でした。
それでも気になる場合は、鼻をあらかじめ氷で冷やしてから押し付けるといいかもしれません。
 
P8140875
 
これを施したおかげで鼻からメガネがズレることも無くなって少し快適になりました。
見掛けは悪くなりますが元々室内で使うためのようなメガネなので、それはさして気になりません。
 
タグ:レンズ 眼鏡
posted by 家庭用品修理士隊 at 00:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2017年08月06日

扇風機を散髪(網の間引き)

扇風機の網

掃除機の網です。
今は網を組み立てるので、この状態には簡単にできます。
なんで外してあるかというと、ほこりを掃除したからです。

なんだか、風が弱い割りに音が大きい。と思ったら、ほこりまみれでした。
特に裏側。(見せられないほどの埃詰まりだったので写真写しませんでした。)

ここで思いました。 こんなに細かい網が必要なのかと。
これを切って並べたら、相当な面積になります。半分はゆかないとしても、1/3くらいあるかもしれません。

こんなに細かいのは、子供とか指を入れてケガするからでしょう。
昔の扇風機は、もっと目が荒かった。
image

google画像検索「昔の扇風機」より

いっそのこと網を外してみよう。

扇風機の網を外す

扇風機の網(ガード)を外してみたら、すっきりして風が静かに強くなりました。

これでしばらく使っていました。(2週間くらい)
これで気づいたのは、微弱でつかっていれば、羽に触っても大していたくない。
特に正面は構造上坂を上るような形状なのでいたくない。
ただし、裏は触ると痛い。 でもケガするほどではありません。
これでゆこう。 と思っていたのですが、床掃除中に顔が羽の側面に触りそうになってハッとしました。
やっぱり危ない。
扇風機の網の間引き

それではと、網を間引きしてみました。 ところどころ残してあるのは、ほこりの付着状況を見たいためです。

まびき

鉄なので、硬いのですが、一方をカッティングプライヤなどで切って、持ち上げれば片方は簡単に折れます。

 

プラスティックの扇風機ガード

ガードがプラスティックの場合は、簡単にカッターで切断できます。

image

元の網目

 

まー効果はともかく、見た目はすっきりしました。散髪したような。

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る