2017年10月31日

高級ドライヤの弱点?

高級ドライヤの一故障例です。
ドライヤは、2-3000円で買えるようになっていますが、高級タイプも人気です。
髪の仕上がりが全く違うようです。気持ちも良いのでしょう。

外観に全く問題ないのに、空気が出ないドライヤを分解してみました。
すると、モーターが壊れていました。

人気のドライヤ
人気の高級ドライヤ 外観は綺麗です。
壊れているなら直したい。
高圧発生部分

分解すると、いろいろな回路が入っていました。
これは高圧発生回路のようです。

電子回路

凝ってますね。 結構な電子回路が入っています。

分解

スイッチを入れると、ヒータは働いて、温度制御もされるようなのですが、どうしてもモーターが回りません。

モーター

なんで回らないのだろう。 特殊なモーターか?
テスタで測っても導通がありません。

モーター破損

結局モーターを分解して、回らない原因を確認しました。
なんと、モーターの接触子(カーボンブラシ)が削れて消失しています。

ちょっと驚きです。 なんだこれは。
思うに、よほど気持ちのよいドライヤなので、想定を超える時間使われたのではないかと思います。
毎日毎日、気持ちよく使っていたら、急にガリガリ音がして止まってしまったのでしょう。

今後はDCブラシレスになるかもしれませんね。
もう変更されているかな?

posted by 家庭用品修理士隊 at 23:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る