2017年11月27日

★ 考える事は皆同じ・・・"Key Ring Screwdriver"。

以前は、ペンチの付いた"ミニツールナイフ(※ナイフの刃先は切り詰めて丸めてあった)"をキーリングに付けていました。しかし、昨今はどんなに小さな刃物や、たかがドライバーごときでも携帯していたら検挙の対象・・・なぁんて世知辛い記事を目にするようになって、流石に常時持ち歩く事はもう控えています。

そこで、↑こんなモノを考えて悦にいっていたのですが・・・、先日Youtube"DIY"タグ動画を徘徊していて↓の動画を見つけました。 (展:weaponizer m氏 "EDC - How to make Key Ring Screwdriver Multi tool DIY") いやはや、所詮自分如きが思いつく事などとっくに何方かが実践されているのでした(市販もされていたとは...)。 ちょっと一工夫:市販品や上の加工では、ビットの真ん中にキーリングの通る穴を開けているのでクルクル回りそうです。自分のは(-)側を短くして偏芯させ、(+)側の頭が常時外側に向く様にしました。

意外と持ちやすく、リングが支点になって力も掛けられます。

こんな小さなドライバーでも、"ここ一番"に有ると無いとでは大違い!。

上のが加工前と同じモノ。金色のメッキは加工途上で剥げてしまったので、"謎の黒染め液"で後から黒鉄色に染めました。 元記事:http://blacksmith.wp.xdomain.jp/2017/11/27/4503

posted by 家庭用品修理士隊 at 19:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る