2017年12月22日

★ "強制パワーセーブ差込口付 テーブルタップ"。

以前作った "半波整流式電圧降下器"は思ったより使い勝手は良くなく、それより単に"On-Off機能"の方に用途があるので、もうとっくに元に戻してしまいました。

そしてそれに替わるモノとして、三口のうち一つを"パワーセーブ専用差し込み口"としたテーブルタップを作りました。





この型のテーブルタップは遥か昔から売られていますが、本来無免許工事では壁などにコンセント(差込口)を取り付けてはいけないはずなのに、さも何かに固定して使うようにデザインされているのは甚だ疑問でありますね。



お約束事!

※こんなおバカな事を真似される方は四方やいらっしゃらないでしょうが、もしや実験・使用されるときは、全てにおいて自己責任で行って下さい。






片方の金具を引っこ抜き、ミニルーターで切断し一口分を分離。





そして、分離した部分をダイオードでブリッジして組付けます。

ダイオードは耐圧10A(瞬間600A?)-1000V→データシートのモノを使用しました。





テスト 60W電球にて ※同条件(F=8・S=1/40)で撮影

------------------------------------------------------------



先っぽの二口は100Vそのままです。





手前側の一口は半波整流されているので、半分の電圧しか掛かりません。



電動工具などで使用した場合、電圧が半分だからと言ってパワーも半分になると言う訳ではなく、ディスクサンダ(ベビーサンダー)や丸ノコだと体感で60〜70%位の感じでしょうか。趣味工作に使用する程度ならちょうど良く、フルパワーが必要なときはコンセントを差し替えればOKです。



元記事:http://blacksmith.wp.xdomain.jp/2017/12/22/4549/‎



posted by 家庭用品修理士隊 at 22:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る