2019年10月27日

LED蛍光灯は水分に弱かった。

image

点かないLED蛍光灯
両端給電式 写真の右側に黒い部分あり。
蛍光灯の劣化に見えますが、これはLEDなので、なんか変です。

image

点灯しないLED蛍光灯を分解してみます。
ネジなどはなく、はめ込み式。
はめ込みを外すように電極を抜きます。
100V電源は、両端から給電されるので、電線は1本でOK。

image

分解したところ、不具合部分がありました。 LED2個の周辺が焼け焦げています。
カバーにも煙がこびりついたようになっています。

image

焼けた部分の拡大 LED上の導体パターンが発熱して、基板が焦げたことがわかります。
その後導体(プリント基板の銅パターン)が焼き切れたことで、点かなくなったことがわかります。

image

電源回路に100Vを流したところ、焼け焦げた部分を含め、すべてのLEDが点灯しました。
組み立てれば使えそうです。



考察


image

LED基板上に、100V線(line)が設けられている。
写真の右側端子からの100Vを左方向の電源回路に送るパターン。
このパターンが、LEDに接近しているため、水分が付着し通電。
徐々に焦げて短絡した。 このときにヒューズが切れるようにパターンが消失。

この蛍光灯は、従来の蛍光灯器具を生かしながら、LED式に変更するためのLEDランプです。
このため、配線改造が楽になるよう、両端から給電するタイプと、片側から給電するタイプがあります。

今回の故障を考えると、水分が多いところに使う場合は、両端給電より、片側給電の方が良いかもしれません。

posted by 家庭用品修理士隊 at 21:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

★ 電気シェーバー(Panasonic SE-SF21) ”ヘッド部の分解掃除”。

シェーバーのヘッド部分を分解掃除をしたので、その覚書。


外/内刃・押さえ金・往復子のゴムブーツなど外せるモノ(左側グループ)は外し、皮脂汚れなどを落とすため、ぬるま湯+シャンプー液に漬けて洗浄した。

分解。
------------------------------------------------------------

内刃は引っ張れば外れる。


往復子に付いているクリップは、横手のポッチをゆっくり開きながら押せば外れる。キワゾリ刃が付いている側には、キワゾリ刃用のクリップと2ケが互い違いに付いていた。


このクリップは、中間刃を往復駆動させるためのモノ。


2本のビスを抜き、押さえ金を外す。


往復子のゴムブーツをめくって外す。嵌める時は、爪楊枝などで少しずつ押さえこんでいけば良い。


樹脂カバーを外す。内部に浸水した様子はなかったが、僅かに髭粉が侵入していたので、レンズシュポシュポで吹き飛ばした。


ああっ スッキリ!^^)。
posted by 家庭用品修理士隊 at 18:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る