2019年12月02日

SDカードの書き込み禁止スイッチが無くなったときの対処

概要:SDカードに付いている、書き込み禁止スイッチが無くなった。
すると読み込めるが、書き込みができない。
スイッチ配線は、カード側ではなく読み書き機構側にあることを知った。
そこで、突起を造形してみたら書き込めるようになった。

経緯:デジカメを使おうとして。

image

デジカメにSDカードを挿入して、

image
カメラのスイッチを入れて、撮影しようとしたら、「書き込み禁止になっています」の表示。

image

SDカードを抜いて、書き込み禁止状態を解除しようとしたところ。 あれ? スイッチが無い。


image

正常なカードの書き込み禁止スイッチは、通常こんな感じです。 左右にスライドして切り替える。
SDカードは結構壊れる印象があります。
作りが華奢(きゃしゃ)なので、何かにあたってスイッチが取れてしまったのでしょう。

スイッチが無いと、書き込み禁止になってしまうのか。
これでは使えないではないか。 せっかくのシャッターチャンスが・・

なんとかならないか。
内部で、スイッチをジャンプしてみよう。


image

SDカードの殻をむりやり剥がしてみたら。
びっくり。 内部に別のメモリーカードが入っている。

image

内部から出てきたメモリーカードは、マイクロSDカードを厚くしたしたような感じ。
結構丈夫そう。
それは良いが、書き込みスイッチの配線は無い。
ジャンプしようという考えは甘かったか。

えー ではどこで書き込み禁止スイッチの状態を検知しているのか。

image
そういえば、液晶交換に使ったジャンクカメラがあった。

image

ジャンク(壊れた)カメラのSDカード部を見てみよう。
SDカードを抜き差ししながら調査



image

すると、スイッチは2箇所あって、SDカードの挿入を検出するスイッチと、書き込み禁止状態を検出するSWがあることがわかった。

なるほど。

SDカードで書き込み禁止状態に選択(スライド)すると、プロテクト解除? いや、逆かな。
とにかく、スイッチが作動。 (スイッチONで、書き込み禁止なのか、書き込み解除なのかは調べなかった。)

image

使え(書き込みでき)れば良いので、物理的に突起を作ってみよう。

image
小さな破片を、テープで固定して突起にしてみた。

image
結果はダメ。 書き込み禁止が解除されない。
プロテクト解除スイッチを押せないのか。

image
プラリペア(造形剤)を使って、しっかりした突起を形成してみよう。

 

image

プラリペアが硬化する前は、消しゴムのようにやわらかいのでカッターで整形できます。

 

image

書き込み禁止スイッチノブ作成状況。
もう少しトリム(削り)しないと。

 

image

最終状態。 書き込み禁止にはできませんが、デジカメでの使用は良好。

感想:

書き込み禁止解除って、昔良くやっていたフロップーディスクの書き込み禁止と同じなんだ。
フロッピーDISKが消えて久しく。 そのことを忘れていたので、今回は新鮮な発見だった。

SDカードは、まだまだ現役。 プロ用カメラではSDカードを二枚させるようになっています。
トラブルが多いのかもしれません。
普通に使っていても、いきなり壊れる経験をしています。

image
昔のこと、ノートパソコンで使用中に認識しなくなったSDカード
パチンという音がしたことを覚えています。

posted by 家庭用品修理士隊 at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る