2020年05月07日

パルスオキシメーターを買ったので実験

2月ころパルスオキシメーターを入手。
通常時の値を知っていれば、見えない体の異常がわかるかもしれない。

実験:手袋などしても測れるか。
⇒実験したら、測れました。


パルスオキシメーター

心拍と血液中の酸素取り込み量を推定できる。
脈動が波形で見られるところもおもしろい。
これは、心肺の機能を見ているようなもの。
つまり、パルスオキシメーターで心肺の無自覚的機能低下がわかるという。

image

指先に挟みこみ、スイッチを押すだけで、血中酸素、脈拍、脈動がわかる。
結果が出るまで指を一定時間(10秒程度)接触させる必要がある。


image

指先にラップを巻いて測定。 値は出ている。

image

ニトリルゴム手袋では、当初値が下がった。 シワを無くすと普通の値になった。

赤色光が通れば問題ないように見える。


自分の場合、97から98%SpO2が通常の値。 息を止めて苦しくなったときに測ると、80程度まで落ちる。



構造を見る。

image

赤色LEDは、上面から下方へ照らされる。


image

下部にあるセンサ


image

光が照らされる様子。 下部には単4電池が2本が入る。


image

上部には、電子基板

使われていたマイクロプロセッサ。 ARM STM32F030R8T6




参考になったサイト

Q&Aパルスオキシメータハンドブック .pdf

パルスオキシメータの読み方 医者の話 YouTube

高性能&安価パルスオキシメーター YouTube

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2020年05月01日

椅子と座卓を合体したら

家にいると、整理したくなります。
使っていない小型の丸テーブル(座卓)と、邪魔な事務椅子を合体してみました。

いわゆる廃物の再利用

すると、小粋な回転テーブルになりました。


椅子の足と、座卓の板を合体。


image

円形座卓と事務椅子
どちらも不要になっています。

image

座卓の脚を外し、椅子からは背もたれと、座部を外す。

image

これを合体させればよいのですが、

座卓の足は回して緩めれば外れ、

image

椅子は、ネジ4本を外すだけ。

 

image

丸テーブルの中心を探す。 意外に難しい。 なぜなら、真円でなく、歪んでいる。

 

image

椅子の足を取り付ける。 短い木ネジを使う。

image

椅子の座部金具は、傾いているのでワッシャー(座金)で高さを微調整。

image

完成:小型回転テーブル。高さ調整付き。

これがなかなか良い感じ。
回転は無音でスムーズ。ほぼ水平に回転。
しかも高さ調整できる。

image

36cmから48cmまで上下動できる。

image

何を乗せようかと期待感があります。

posted by 家庭用品修理士隊 at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る