2020年08月03日

エアーストンを小さく加工する。

image

ペットボトル直結のエアポンプを試作しました。
小さな水棲動物をリュックで運搬する必要があったので。

この際ポンプに付属していた空気を出す石(エアストン・air stone)が大きかったので、ペットボトルに入るように加工したという話です。
ペットボトルの蓋部内径は、約20mm。
加工時に意外な発見がありました。

発見 エアストンをノコギリで切ると、ノコギリの刃が無くなる。

image

加工前のエアストーンは、ペットボトルの入り口より大きめ。 入りません。

 

image

試しに、ピラニアノコギリで切ったところ、軽く切れます。 さすが。

image

これは良いと気楽に考えて切っていたところ、切れ味が悪くなりました。

image

ありゃー 刃(歯)が無くなっている。

そうかー 石を切っていたようなものなのか。
鋼(はがね)が石に負けた。 というか相打ちか。

image

ピラニア鋸は両刃タイプを選んでいて良かった。
入れ替えは初めてだ。

image

歯の向きの入れ替えには、怪我をしないようバイス(万力)と、プラハン(plastic hammer)を使います。

エアストンに勝つ工具

さて、エアストンをどう切るか。 加工できるか。

image

金属糸鋸を試すも、ピラニア鋸同様か、それより弱い。


image

鉄鋼やすり ではどうか。

image

これは 鉄鋼平ヤスリの完勝 横綱級ですね。

 

まとめ
無理をしないでも、ペットボトルに入るサイズのエアストーンを選べばよいのですけれど。


image
直径20mm以下のエアストーン市販品例。

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る