2020年11月03日

システムキッチンの大引き戸が落ちた。応急修理

破損状況

image 

ちょっと見ずらいですが、台所のシンク(流し)下の大扉。
お酒とか、縦に長いものがたくさん入ります。

これを引いたときに扉がドスンと落ちてきました。

あー 外れたかと思ったのですが、なんと扉は不自然に斜めになっています。
どこかが壊れましたね。

大きな重い一枚板。 その割には小さな金具で留められていて、華奢(きゃしゃ)な感じはしていました。
案の定金具が壊(切)れています。

image
金具が切れて抜けてきた接続部

ドアの位置を微調整できるように凝った作りになっています。
小さな引き出しにはよいのでしょうが。

image

なにやら金具が落ちています。


image

割れた金具の一部 鋳物製

image

上部の柱(バー)の取り付け部も切れています。
もしかすると、こちらが最初に切れて次に下部も切れたのかもしれません。

image

上部取り付け部も鋳物製。 ねじの根元で切れています。

結局、上部のポール2本と下部の取り付け部2個所がすべて破損し使用不能。




応急修理

破損4箇所のうち上部2箇所はねじを入れよう。

image

使えそうなネジを探す。 ピッチ(ねじ山)が特殊なのですが、右にある長いネジが使えそう。

image

オリジナル(元の接続形状) 修理後

image

下部には丈夫なねじ(M5)を使おう。

image

ステンレス材への穴開けなので、切削油を付けて慎重に。

image

枠が残っているので抜けない締め付けでいけそう。

image

ナット側の様子(引き戸の内側)

image

応急修理完了仕上がり良好。 ねじの頭は飾りということで。

きれいに収まると気持ち良いです。

ネジを切るときは金属ノコで傷つけ万力を使って折り切り。
がた調整にスペーサを作りました。3Dプリンタ使用。

image

折れたネジ部



応急修理で恒久修理にしようと思います。
ドアの破損を機会にシステムキッチン全交換という方もいらっしゃるとは思いますが・・

posted by 家庭用品修理士隊 at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理


タグクラウド
ページトップへ戻る