2021年06月08日

ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁

コロナのワクチンをした腕が、磁石になった。 といった動画がアップされていると話題になっています。
笑えます。 もちろんアップ主は冗談(ジョーク映像)としてアップしているのだと思います。
ですので、本気にするのはどうかと思います。

それで思い出しました。 磁化(マグネット化)の話です。

image
ドライバの先端が磁化していると、ネジが着いてきます。
結構便利だったりすることもあります。

ところが、磁石が邪魔になって逆に困ることもあります。
時計などの精密機械は磁石を嫌います。

磁化、脱磁(磁石にしたり、消してもとに戻す)が簡単にできれば便利です。
実は磁化は簡単ですね。

強力な磁石をドライバの先端に着ければ、鉄に磁石が移るような感じで磁化します。
ドライバの先端が、弱い磁石になります。

脱磁するには。

脱磁にも、磁石を使います。
ただし、+ー(NS)を変化させながら徐々に弱くしてゆくという操作が必要です。
磁石を回転させなから、離してゆくイメージです。
面倒ですね。

金魚ポンプを使う。

そこで簡単に脱磁を行う方法として、金魚(熱帯魚)の空気ポンプ(エアーポンプ)が使えます。

image

こんな感じのエアポンプ。 ゴムが劣化して故障していても使えます。
新品でも、分解して脱磁に使って、戻せば良いですし。

image

エアポンプは、鉄心のそばで磁石を動かすことでポンプを作動させています。
家庭電源は、50ヘルツ(または60ヘルツ)ですので、磁石が一秒間に50〜60回動いているわけです。
で、この磁石を使っても良いのですが、鉄心そのものに磁界が発生していますので、鉄心だけで消磁できます。

image

電源を入れて、鉄ドライバを鉄心に触れさせるだけ。
すると、磁化したドライバ先端は、強力な磁力変化を受けて、+−(N極S極)が変化。
そーっと離せば脱磁しています。
(脱磁が一時的な場合もあります。)

着磁

反対に、ドライバ先端を磁化させたかったら、磁石を当てるだけです。

image

強力マグネットで、簡単に磁化させられます。
写真のドライバは、もともと磁化されていたと思います。 マグYネットドライバ。

着磁と脱磁の様子映像

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。


タグクラウド
ページトップへ戻る