2021年07月02日

ホットプレート 電源ランプ修理・改造

image
スイッチを入れても、ランプがつかない。

ミニグリル。 久しぶりに出して使ったら、ちょうど良い大きさで気に入っています。
スイッチを入れるだけの単純操作なのですが、ランプがつかない。

ということで、直してみました。 ついでに小改造。
ヒーターが入ったときだけ点灯するようにしてみました。


修理

image

分解。 ねじを外すだけですが、ちょっと硬いかも。

image

作りは非常によく、信頼感があります。

image

電源ランプは、スイッチの中にあります。
100Vを加えても点きません。 これは不良ですね。

image

スイッチの中に、ネオン管が入っています。

image

スイッチ内部拡大

ネオン管も、抵抗器も、特に問題なさそう。

image

結局組み立て構造が挿し込み式で、接触不良と思われるので、半田付けしてみました。

image

今度はつきました。

image

修理完了です。

ただし。ちょっと不満です。 このライトは、スイッチを入れたときに点灯するだけです。
ヒーターが入っていますよ。 という意味ではありません。

でも、スイッチは、入れた位置でわかります。


改造

image

ちょっと配線を入れ替えて、一本追加。
銅線と、耐熱チューブを使って追加配線。
ワット数が高いので、カシメで結線

image

改造前は、スイッチを入れるとネオン管は点灯しっぱなし。
改造後は、スイッチを入れ、温度スイッチが入ったときだけ点灯。

これで改造完了です。


測定

ヒーター動作を測定してみました。

image

データロガー(信号記録装置)を使用。 日置LR8431

・横目盛りは一コマ1分、縦目盛りは一コマ30度C
・オレンジ色波形は温度。緑色はヒーター動作。

説明:スイッチを入れると、3分で150程度に温度上昇し、ヒーターが切れる。
その後、約2分で温度スイッチが入り温度上昇。 その後2分で再び温度スイッチが切れる。
10分で電源オフ。温度は徐々に低下。

(温度スイッチは、ホットプレートの中央裏に付いたボタン状の部品。)

要するに、空焚きの場合。 1分オン、2分オフを繰り返し、温度を一定以内に保つ。 150Cから170C程度。


機器データ
TSK-2131P EUPA GRILL・PETITE
100V 700W 温度ヒューズ192度C

posted by 家庭用品修理士隊 at 12:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。


タグクラウド
ページトップへ戻る