2022年06月24日

超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。

ハンディーファンを初めて購入

image

超小型ハンディーファン。 ホームセンターで売っていた中での最小。高さ13cm

USBで充電出来て、風量調整は強弱だけでなく、間歇式にもできて、この場は18時間動作。
結構使えます。 静音なのでこれはもはや立派な実用品。超小型扇風機です。
数年前はおもちゃだと思っていましたが・・

image

実用品が夏は日用品になる。そうなると気になるのがグリルやファンに着くほこり。
ところが、この製品はグリルを外せない。

少し大きなファンでは外せる設計なのですが。

グリルを外せるように改造

分解してみたいし、この際グリルを掃除できるように改造してみよう。

image
分解してみました。 なにかの部品が落ちてきました。

樹脂製ボディーの爪をはめ込むタイプ。 ねじは無し。
しかも、リチウム電池両側が両面テープで留めてある。

これは分解難易度が少し高いです。
無理に開けようとすると壊します。

image

リチウム電池の両面テープをファン側だけに着くようにすれば、前面グリル側がパカッという感じで取れました。

image

分解時に外れてきた部品は、電線押さえ。
電池からの電線が、ファンの回転時に接触しないように電線をファンの下へ這わせる抑え部品。

image

この電線部品押さえは、ファン側に戻しておきます。

グリル部切断

 

image

前面グリルは電池カバー(ハンドル)と一体化している。
これでは簡単に外せない。

グリルだけ切断分離しよう。
糸鋸(いとのこ)で切ってみよう。

image

切断部に丸みがあるので、少しやりにくい。
けれど樹脂(プラスティック)なので力はいらない。

image

ファングリルと電池カバー(持ち手)部分の分離成功。 切断面のバリはカッターで処理。

改造後

  
   
image

グリルと柄を元のようにはめ込んだところ。
見た目は元と一緒ですが、全面グリル部分は外せるようになりました。

    
    
 image
グリルを外すには、 はめ込まれた4箇所の爪を割りばしなど、尖ったもので押してやれば外せます。

image
外せるように改造したハンディーファン


posted by 家庭用品修理士隊 at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理


タグクラウド
ページトップへ戻る