2014年07月04日

デジカメのネジが外れてました。

以前も一度投稿したような気がしますが、またネジが外れていました。

ただ、今度は新しいデジカメで、前回とは別のものです。

要するに、ネジは外れやすい。
どうすれば良いかなという話です。

ジーパンのポケット

ふだん履いているジーパンの右ポケットに入れた指になにか触ります。

ゴミだろうと、取ってみます。

たしかにゴミでした。
しかしその中に、一本のネジ。
(右上方のものは、なんかの花の種です)


ネジ?

トライビット

よく見ると、三片の形。
トライウイングです。
トライウイング
google画像検索「トライウイング」より

なんだろうと暫く考えて、あーとガテンが行きました。

デジカメをポケットに入れたことがある。

fujifilm XQ1

fujifilm XQ1の右上部のネジがありません。
当たりです。

でも、ポケットに入れたことは、ほんの数回の記憶しかありません。
普段はベルトケースか、カバンに入れるからです。
もともとポケットは湿気があるので入れたくありませんし。

ストラップ

なぜネジが外れたか。
自分の分析ですが、ちょうどこの位置にストラップのフックがあります。
そこに紐を通して、ぶら下げるように使っています。
そこで、ここに繰り返し力が加わり、わずかに筐体を歪めた結果、ネジが緩んだ。→ たまたまポケットに入れたときに外れた。
または、ズボンの中で筐体が歪んでネジがさらに緩んだ。

いずれにせよ、外れたネジが回収できてラッキーでした。


ゆるみ止め対策:
対策としては、ネジのゆるみ止めを塗るという手があります。
以前ラジコンショップで買ったのですが、見当たりません。

しかし、緩み止液は弱い接着剤のようなもので、強度の段階があって、適当なものを選ばないとネジを外せなくなる場合があります。
そこで、今回はテープで蓋をします。
ゆるみ止めというより、脱落防止です。

アセテートテープ
アセテート布テープがあったので、これを使ってみます。
化粧皮で覆う方法がベストかもしれません。

 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 14:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
昔超大事な場面でメガネのレンズが片方はずれロレロレの思いをしたことがありました。 原因はフレームのネジの脱落です。 それ以来フレームのねじには気をつけています。        現役時代TRIWINGのSCREWには泣かされました。 退職した今もTRIWINGという言葉をみただけでイヤな事が頭をよぎります。 ところで一年ほど前、車の工具を扱っている店でLOCK TIGHTを見かけました。私は車のタイヤのナットにはSLIPPAGE MARKを赤マジックでいれています。キチンと止まっているべきところがそうでなかったら不安でしかたないですね。 また車検のあとは自分でRETORQUEしています。
Posted by 浦安のI at 2014年07月04日 21:19
XQ1って確か、つい先日というか三月に購入されたカメラですよね。
緩み脱落するには早すぎると思いますが・・・・   トライウイングのネジを使っているのはネジの性能ではなく容易にいじられないようにしている為でしょうか?(トライウイングの時計ドライバーは一般ではこれまで見たことありません)
ネジの上にテープで覆うのはとりあえず正解でしょうね。 少し以前にメガネのネジの脱落防止でアロンアルファを塗布したものをメガネ店に持っていったら、フレーム交換になった記事を紹介した事もありました。

私のコンデジもストラップのフックの直下にネジが2本あったので思わず脱落してないか確認致しました。 紛失してなかったのは幸いでした。
Posted by 横浜のT at 2014年07月04日 23:48
そんなに考えませんでしたが、確かに入手してそんなに期間はたっていません。
でも、使う頻度がすごいです。 外出時にはほぼ必ず持参します。
とにかくコンパクトで、写り、操作性が良いカメラです。予備電池もポケットに入れて持参しますが、保険みたいなもので、一回使った程度です。
普段はUSB充電なので、電池の存在を意識しません。 画像もUSB経由ですぐ保存しているので、メモリカードすら外してないです。 外出時にカメラを忘れたときは、家に戻ります。ベストショットな一瞬を逃さないためには、常に携帯です。
そんな使い方ですので、普通の人の数年分にもなるのではと思っています。
それに、ネジは緩むのがあたりまえと考えています。
たまに増し締めします。 メガネもそうですね。
トライウイングは、いたずら防止ネジなどとも呼ばれているようですね。
うちも探したら、ビットは1本しかありませんでした。 メーカーがなぜトライウイングにしたのか、よくわかりません。デザインの差別化かもしれませんし、分解して欲しくないということなのか。でも、はっきり言って、猫だましですね。 だって、細いマイナスドライバーで普通に緩められますから。その意味では5角とか、星形なども同様です。

ネジ一本の緩みでも、故障と考えて保障で直そうとする人がいるんですね。
http://merci-amour.at.webry.info/200709/article_3.html
なんでも、保証期間でも適用外とされて、11500円の修理代とは驚きます。
外部はともかく、内部での緩みは困ります。
「デジタルカメラ「IXY DIGITAL 2000 IS」の一部の製品において、持ち運び時や使用時の振動などにより、カメラ内部のビスが緩み、脱落する可能性があることが判明致しました。https://cweb.canon.jp/e-support/info/ixyd2000is.html

ネジもあまりに細くなると、緩み止め加工が難しいようです。
「マイクロネジの緩み止めhttp://www.chubu.meti.go.jp/kikai/sapoin/seika/21fyhosei2/21h-60-9-4.pdf#search='%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9+%E3%81%AD%E3%81%98+%E7%B7%A9%E3%81%BF'

ストラップ部には、特に無理な力がかかると思っています。だから、着脱部は一本では心配です。写真でもわかると思いますが、ストラップの着脱には2個のジョイントを付けています。乱暴に使っていて、一個外れても落ちないようにです。

カメラ屋にゆくと、三脚部のネジで保持するストラップがありますが、かっこは良いものの、一個だし、緩むし、落下するなーと思います。 実際落としている人もいるようです。「三脚ネジストラップで落下http://tokyo-gasuki.com/kanri/?p=1888
いずれにせよ、ネジは緩むものだという常識でいたいと思います。
Posted by 墨田のY at 2014年07月05日 06:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101229162

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る