2014年09月17日

RE:イヤホン修理改造一案

先のイヤホン修理改造の記事のなかで添付された写真を見て気づいたのですが、それは巻き取りリールタイプのイヤホンの写真があった事です。 このような便利な物があること自体知りませんでした。(さほど家電量販店にも積極的に行かないものですから情報にウトイ)
 
自分が幾つか持っているイヤホンのなかの一つが音質もまあまあなので気に入っているものの、欠点は胸ポケットにIPODなどを入れて使っているときは良いのですがそうでない場合はリード線が短いために延長ケーブル無しでは使えません。
勿論専用の延長ケーブルも持ってはいますが、今度はこれが長すぎるためにリード線が絡んだりして使い勝手が今一つでした。
 
P1030326
 
そこで延長ケーブルを巻き取りリールタイプに改造できないか? と思い100均ショップでリールだけ欲しいのですが流石にそう都合のいいものだけは売ってはないでしょうからイヤホンASS’Yを購入してきました。
 
P1030324
 
リールの分解はビス一本外すだけなので簡単なのですが、ゼンマイが入っているので分解時にいっぺんに飛び散ってしまいどういう仕掛けで組み立てられているのか分からなくなる可能性があるのが嫌ですね。
 
P1030328
 
特に注意しなければならかったのは小さなベアリング球が一個入っていました。 (気づかずに紛失しやすいです)
これの役割はイヤホンリードを所望の長さに引き出したあとにスプリング力によって引き戻されるのを防止するためらしい。
 
リード線を入れ替えてゼンマイを巻いて何とか復旧したものの結局上手く行きませんでした。
というのはオリジナルのリード線は巻き取り用にリードが平らなリボン型であるのに対して、交換したいリード線はそのような工夫の無いただのリード線に加えて少し太いから100均の巻き取り機には窮屈で機構が回転できる余裕がありませんでした。
 
P1030330
 
せっかくここまでやってきたので諦めるのも残念なので代替品を探したところ、以前購入したIPOD用のケーブルが見つかり、これの方が100均イヤホンのものより巻き取りリールが少し大型なのでより適しています。 どこも悪くない品物なので分解するには少し惜しいものの、これでもう一回試してみることに・・・・・・
ちなみに今度の物は、100均の商品ではありません。
 
P1030331
 
分解してみると当然ですが機構は全く同じなので100均の分解で培ったスキル?が役立ちます。
100均より少し優れているところは、リール巻き戻し止めのベアリングが球ではなくて落下しないようなカムのようなものになっているために組み立てがより楽です。
 
P1030332P1030333
 
今度はリールASS’Yが少し大きくなっているために太いリード線もなんとか収まりました。
肝心の組み立て後の使用感ですがやはりリード線がリボンタイプではないので巻き取り時の回転が滑らかではありません。
でもまあ何とか使えそうなので改造して良かったと思います。
 
P1030334
 
 
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
なるほど、そっちの改造もありですね。自分のお好みに合わせて作ると満足感ありますよね。
Posted by 墨田のY at 2014年09月18日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103704781
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る