2014年12月27日

超強力接着剤は、自主回収のお知らせが出ています。

公告
2014.12.19読売新聞より

家庭用接着剤の回収のお願いとお詫びという新聞公告に目が行きました。
法令で使用を規制されている物質が含まれていたそうです。
でも、それはなんで、どういう問題が考えられたのでしょうか。
気になりました。

メーカーのお知らせを読むと、

有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律によるということです。
この法律の目的は、第一条 この法律は、有害物質を含有する家庭用品について保健衛生上の見地から必要な規制を行なうことにより、国民の健康の保護に資することを目的とする。とあります。
つまり、健康被害が懸念されたということですね。
第六条には、当該家庭用品の回収を図ることその他当該被害の発生を防止するために必要な措置をとるべきことを命ずることができる。 とあります。

これによる措置なんですね。

品川区保健所より同法律で規制されている有害物質「トリブチルスズ化合物」が検出されたとの通知を受けました。

保健所は、接着剤まで調べているんですね。


では、トリブチルスズ化合物とは何なのか。
ウイキペディアで調べると、元々は船底に貝やフジツボがつかないように、塗料にくわえられていた物質ですね。

なるほど。 TBTという語は聞いたことがあります。 人に対する影響はなんなんでしょう。
内分泌撹乱作用があると言われてもよくわかりません。
日本毒性学会:有機スズ化合物

結局、影響がよくわからないので、自主回収なのでしょう。
良心的なメーカーだと思います。


 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
最近では各企業とも自社製品に関する問題には非常にすばやく対応するようになりましたね。インスタント焼きそばにゴキブリが入っていた件でも全品回収となりました。 企業が生き残るには不安材料を完全払拭しないと蟻の一穴となり命取りになるのでしょうね。 それと品川保健所はお手柄ですね。 無数にあるケミカル類などはもっと上の組織で各保健所に割り振っているのでしょうか? 地味な仕事とは思いますがたいしたものです。 子供のころ隣に住んでいたおじさんが食品関係の衛生面の検査をする公務員でした。   ◎◎牛乳は雑菌が少ないというような話をしていました。この世の中色々な人が色々な仕事で関係しているものですね。
Posted by 浦安のI at 2014年12月29日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108677915

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る