2015年01月13日

LED電球は省エネだけどエコとは限らない

   2012年8月に購入したLED電球がいかれました。 最後は不安定な点滅をしたあとに点かなくなりました。
翌日またやってみたところ最初は正常に点くんですが10分ぐらい経つと消えてしまいます。
 
 PC270211
 
口金の部分を持って少し力を加えたらポロット外れてしまいました。 熱で接着剤が劣化していたようです。
但し内部断線も無いのでこれが原因で点かなくなった訳ではありません。
 
PC270212
 
廃棄する前にどうせならば中を見ておこうと思いドーム状の覆いを外すためにナイフでこじってみましたが上手く外れないし滑ったらケガをするので危険なのでやめました。
 
PC270225
 
プライヤーで挟んで割ろうと思って少し力を加えただけで思いがけず直ぐに分離できましたが、少し歪むだけでこのタイプは外れるものなんですね。
 
PC270226PC270213
 
一見して作りが雑だとわかる仕様でした。
他の方のブログで複数のLED電球を分解しているHPがあったのですが、その方の評価も他の大手の電球と比べて雑だという意見でした。
 
PC270215PC270214
 
中のプリント基板も部品の足のカットの仕方とか中のシールが如何にも雑で汚いという感じです。
恐らく生ものとよく言われる電解コンデンサの早期不良かもしれませんが・・・・
 
PC270217PC270219
 
一般的にLED電球は省エネなので電球そのものは高価であるが、長期間使っていると電気代が安いから結果的にはLEDの方がお得なのでは?という先入観があります。
自分もそう思ってLED電球にしたんですが落とし穴がありました。
        「LED単体は長寿命でもLED電球ではそうとは限らないこともある」
価格comなどの口コミでも製品によっては自分と同様に「予想外にもう壊れてしまいました(涙)」という内容がチラホラありますね。
この製品も外箱には長寿命40000時間と記載がありましたが、いかれるまでの使用時間は数百時間使っていたかどうか。これでは白熱電球のほうがもう少し長持ちしたのでは・・・・・
 
 
無題
 
LED電球はここ数年で急速に普及してきましたが、2年前はこれほど大量に出回っている訳でもなく値段も結構高価で大手の商品だと4000円程度していました。 自分が購入したのは大手の製品では無かったのですが2000円ぐらいの価格でしたので思わずこれは安いと思って手を出してしまいましたが大手の物にしておけばよかったと後悔してます。 外箱の綺麗な印刷だけ見てるとどのLED電球も同じようなものに見えますが基盤は大きな差があったという訳です。 白熱電球だとせいぜいフィラメントの寿命ぐらいでしょうが形状が電球という事で安易にどの製品も大差ないだろうと思ってしまう人も多いのではないでしょうか?
この製品より以前に購入した別の大手のLED電球は、いかれてしまった物よりもはるかに使用頻度も高くてON/OFF回数も多いのですがまだ健在です。
 

タグ:LED
posted by 家庭用品修理士隊 at 18:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
やはり安い製品は、当たり外れがありそうですね。 LEDの部分は使えると思いますので捨てるのはもったいないです。 昔の記事(http://home-repair.sblo.jp/article/57596065.html
Posted by 墨田のY at 2015年01月13日 23:38
2012年の投稿記事の事すっかり忘れてました。身をもって体験してないからだと思います。
この「富士山麓にXXX鳴く」のメーカーも今では流石にこのような基盤で製品を作っては無いとは思いますが、この基盤から昔CQ誌(紙面の半分は広告)に掲載されていた広告に載っていた商品を思い出しました。
見掛けは面白そうで魅力的な商品なので買ったこともあったのですが、中身は酷いものでした。

高輝度LEDだけはもしかしたら何かの時に使えるかも知れないと思って捨てずにとってあります。
Posted by 横浜のT at 2015年01月14日 13:09
現役時代FLASH LIGHTはLEDのものを使っていました。 買った当初はその明るさ、電池のもちにビックリしたものです。 先日のこと、来る来ると言わている大地震に備え、そのFLASH LIGHTを点検したところ点灯せず。 そのため今度の燃えないごみの日にだそうと思っています。ちなみに単2電池3本使用するタイプです。スイッチを押す回数でBRIGHT,DIM.FLASHINGときりかわりました。電池に直接LEDが接続しているわけではないのですか? そんなに単純ではないのですね?
Posted by 浦安のI at 2015年01月14日 20:53
浦安のIさん。 すてちゃうんですか。 修理士隊なのに(笑)。 よくありますよね。いざというときに使えない。 長期保存は構造単純化が一番だと思います。 故障の原因を想像すると、(1)電池不良(2)接触不良(3)スイッチ不良(4)LED周りの配線切れ。ですね。 意外に回路は壊れません。明るさ調整回路は集積回路化されていて複雑ですが故障は少ないです。 普通は電池電源を目に見えない時間間隔でチョッピング(切断)して、暗く感ずるようにしてますね。
Posted by 墨田のY at 2015年01月15日 09:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111742064

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る