2015年01月19日

実験:歯ブラシの毛曲がりを直したい。

歯ブラシ

歯ブラシって、いつの間にか毛が広がってしまいます。
力を入れすぎているのでしょうね。

しかし、これって樹脂製です。
熱を加えれば記憶された形状に戻るかもしれません。

とりあえすず実験です。
ただし、お湯では100度にしかならない。
そうだ。電子レンジでやったら?

電子レンジで歯ブラシを温める

40秒ずつ。様子を見ながら。

相当熱い

100度以上にはなっているようです。

 

熱いうちに戻す

しかし毛は広がったままです。
柄の植え込み部が溶けた感じになっているので、金属(氷ハサミ)で押さえます。

毛が抜けてきた。

結果。 毛を植えてあった樹脂部の穴が広がって、ブラシがごっそり抜けてきます。 失敗が判明。

やってみなけりゃわからない。 小実験でした。
大実験はNHKです。

セルフホワイトニング

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
期待してたのですが残念。
実は歯科に通院して大分長くなるのですが、歯科衛生士さんに歯磨きの仕方が良くありませんと度々言われています。
正しくは歯ブラシのエッジの部分を上手く使って歯の根元の部分と歯肉との境の歯垢を落とすように磨かなければいけないのですがそれにはブラシの先が寝ていては話になりません。
そのため結構な頻度で歯ブラシを交換しています。
寝ているブラシ先が再生できたら経済的にも助かるんですが・・・・
Posted by 横浜のT at 2015年01月20日 00:10
あー期待してたんですか。すいません。
しっかし。 簡単に戻ったらメーカーは困るでしょうね。
今のところ、再利用歯は短く切って掃除用でしょうか。
Posted by 墨田のY at 2015年01月20日 03:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112314754

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る