2015年04月16日

エコフライパンで一酸化炭素?

家庭用品を気にしていると、新聞の記事でもつい製品に関するものに目がゆきます。

今回の記事は、「ほんとうなの?」という思いがしたニュースです。
底面にヒダが付いた燃焼効率の良いエコのフライパンを使うと危険だからリコールしたというものです。

逆にそういうものであれば、自分の常識を変えなければいけません。

エコフライパン

2015年4月4日読売新聞より


写真を見ると、フライパンの下にギザギザのヒダがついているだけです。 これをコンロの上に置いて使うだけだと思います。 なべ底の表面積を増やす工夫ですね。

火(炎)は溝に入るでしょうが、ガスが入るわけではないでしょう?
下で燃えた炎には酸素が十分供給されていると思うのですが。

少なくとも炎の回りを囲んで、空気の流通を妨げるようには見えません。

niteのエコフライパン実験
NITEのパンフレットより。

なべ底に触れた炎が冷やされて、一酸化炭素が発生するということでしょうか。

いずれにせよ、メーカーはリコール(無償回収)するようです。 (台所のガス・CO警報機が鳴動したという理由。)2万個以上売れているようです。

 

参考:

エコ等をうたった鍋、釜、フライパン等によるCO中毒の防止(nite製品安全センター)
都市ガスの成分(東京ガス):メタン89.6%13A

・メタンの化学式はCH4 (ウイキペディア

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 10:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
このようなニュースがある事は知ってましたが、フィンの部分などに用いられている何がしかのCOATING剤が炎で気化してガスが発生するものとばかり勝手に思ってましたがそうでは無いんですね。
一酸化炭素の問題はさておき、このような形状のフライパンは収納のしずらさに加え重量も増すだろうし調理のときにフライパンを揺すりたい場合にも扱いにくいように一見したところでは思えます。2万個も売れたというのも少し驚きました。
Posted by 横浜のT at 2015年04月17日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119893240
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(01/24)自動点灯ライトの作動範囲を変えてみる
(05/29)キッチンタイマー改造( 大きすぎる音を機械的に小さくする)
(04/01)★ ”着せ替え式 デジカメバッテリー充電器”についての考証・・・そしてまた中華の闇に触れる。
(01/01)★ 恭賀新年・・・令和五年 卯年。
(12/13)★ National ”EZT121”・・・リチウム電池+充電コネクタ?5.5mm 化
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。


タグクラウド
ページトップへ戻る