2016年05月18日

スマホのモック(見本)を分解

携帯電話売り場にゆくとズラーっとおいてあるスマホ。
触ってみると、偽物(モックアップ)があります。 重さと形がわかるので重宝するようです。

秋葉では、モックだけ売られていますので、興味を持つ人もいるようです。
今回、モックを入手しました。

ちょっと興味があったのは、中がどうなっているのか。
あと実際の部品はどのくらい使われているのかの疑問です。


xperiaモック

入手したのはSony Ericsson XPERIA au with Google(TM)などと書かれたスマホ
一見すると本物です。
スマホ分解 

さっそく分解。 充電端子付近から攻めてみました。 ピンセットで隙間を作ってカード差し。

スマホモック分解

電極は本物かな。

もっく分解

予想通り両面テープはありましたが、ねじ止めしてあったりで分解再組み立て可能です。

モックのおもり

錘(おもり)は90gの鉄の板

モックの表面

表面の材質は本物と同じような感じ。
硬度、透明度、平滑度の高い素材です。
薄いガラスと同じように割れます。

意外だったのは、中の写真のような印刷紙。
これの表面も非常に綺麗に仕上げられていました。
外観は重視なんですね。

モックのスイッチ

スイッチは、一部を球状にしたバネ板をシールに貼っただけ。
モックの電極

金の電極にように見えた部分は、金色の塗装。 導通もありませんでした。
よく出来てます。

なんとなくスマホを分解したような気分にさせてくれました。
疑問も解消しましたし。


スマホのモックアップが通販でも入手できるんですね。
どういう人が購入するのか想像できませんが。

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 11:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
あっ! ここから分解するんですね^^)。
ウチにも貰い物のモックがあるんですが、ばらし方が分からなかったんです。

>・・・隙間を作ってカード差し。
昔は、公衆電話(・・・もう全く見ませんねぇ...)に捨ててあったテレカを取って
来て使ってましたっけ。
Posted by 鍛冶屋 at 2016年05月18日 17:32
重さも同じようにしてあったのですか。知りませんでした。てっきりモックアップの方が軽いものとばかり勝手に思い込んでいました。
Posted by 横浜のT at 2016年05月19日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175340889

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る