2016年05月30日

★ 超低出力・・・改め"烏追払用 低出力レーザー光線銃"。

(元記事:http://ayijak.blog.fc2.com/blog-entry-1869.html)

近頃、烏の被害(ゴミ荒し・糞害・植木被害・・・etc)がまたぞろ酷くなって来た。
当家の屋上を縄張りにしている一派がおるようで、どっかのゴミを漁ったレトルトやパック等を屋上まで持って来ては食べ散らかして行く。ついでに盛大な糞を垂れて行きやがるから、こちらもかなり深刻である。

エアガンを持って追っても、きゃつらはしっかり射程を分かっていて3つ先の電柱までしか逃げない。こちらが何も得物を持っていないと完全にバカにして、数メートル先の手すりにも平気な顔で止まってカァーカァー鳴いて牽制する。
先日、洗濯物干し中に油断していたら、急に現れて頭の上擦れ擦れをフライパスして行きやがり、ついに直接威嚇攻撃に出てきた。


100均玩具 (改) レーザー光線銃。
--------------------------------------------------------------------

長射程の武器が要る・・・作ろうっと、出力高めのレーザーモジュール等を注文したが、例のごとく何時届くかは分からない。
とりあえず、以前作った"超低出力レーザー光線銃"を手直しし、"射程100m(期待値)
低出力レーザー光線銃"として前線配備した。


module交換。
--------------------------------------------------------------------

a:この玩具ホントよく出来ていて、素材としてまた欲しいのだが、もう100均で見かけない。


b:上が交換した、公称50mw(ChinaJoke^^;)のグリーンレーザーモジュール。ダイオードは真鍮製のぶ厚い筒で守られていて、安心感がある。レンズはガラス製でフォーカス調整も可能。ドライバー(定電流))回路も載っており、見た目は結構確りしている(ハンダの質がちょっと悪いか)。無放熱の場合は連続照射は20秒以内にせよとの注意書きがあり、たしかにかなり熱を持つ。



a:野外にて 隣家の壁まで約30m、ほぼ肉眼でもこんな感じに見える。


b:室内では眩しいくらい。左側のドットは、公称10mw(コレも・・・以下同文)のペン型レーザーポインター。実際の出力値は不明なれど、こちらの方が明らかに高輝度である。

昼間でも50mくらいは十分明るいドットが見え、100m程まではかろうじて視認可能・・・って感じだろうか。曇天・夕方なら、射程は倍くらいに伸びる。
実際、この光線はかなり威嚇効果かあるよで、止まっている辺りに照射すると大抵は即座に逃げ出す(全く動じない個体もいる)。
しかし、拳銃型では一撃必中っと言うわけにはいかない(無駄に周りを照らさなければならない)ので、やはり照準できる長物タイプの配備が急がれる。
posted by 家庭用品修理士隊 at 16:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん
この記事へのコメント
カラスは頭良いらしいですから、顔を覚えられて仕返しされるかもしれませんね。(笑)
Posted by 墨田のY at 2016年05月31日 15:37
烏だけに、ブラックリストに載ってるでしょうね^^;)。

今は季節じゃありませんが、これが秋〜冬になるとヒヨやムクドリも
植木の実を狙って寄って来るので、糞害がめっちゃ酷いんです。
銀テープとか貼っても、ぜんぜん驚きゃしません....。
 
Posted by 鍛冶屋 at 2016年06月01日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175492064
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る