2017年05月11日

トランスには温度ヒューズが普通のようです。

卓上ライト[4]

また電気スタンドを分解しています。
今度は修理というよりハロゲンランプが切れたので、高くて電気を食うバルブを買わないで、 led に改造しようと思いました。

ところがなぜか急に電圧が出なくなってしまいました。もともと12 v のバルブが入っていたので、それを直流に整流するだけで良かったのですが。

 

9bd3a66f36a9

トランスは100ボルト入力で12 v は出る1.67アンペア20ワット。普通のトランスです

 

トランス不良

テスターで測ってみると、一次側のコイルの導通がありません。中で切れてしまったと思います。ところがすぐ近くの端子で測ると導通があります。ということはリード線と端子との間で切れているということになります。

何かの製造不良かな。

 

トランス断線か

すぐ近くの綺麗なので、リード線を接続しなおせば良いと思ってトランスを分解し始めます。すると何やら部品が見えてきました。130度2アンペア250ボルト。 これは温度ヒューズですね。


ネットで調べてみると、温度ヒューズ入のトランスというのは普通にあるようです。
今はもうトランスが燃えるということはないのかもしれません。

google画像検索「トランス 温度ヒューズ」
google画像検索「トランス 温度ヒューズ」より。

posted by 家庭用品修理士隊 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179714894

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る