2017年10月31日

高級ドライヤの弱点?

高級ドライヤの一故障例です。
ドライヤは、2-3000円で買えるようになっていますが、高級タイプも人気です。
髪の仕上がりが全く違うようです。気持ちも良いのでしょう。

外観に全く問題ないのに、空気が出ないドライヤを分解してみました。
すると、モーターが壊れていました。

人気のドライヤ
人気の高級ドライヤ 外観は綺麗です。
壊れているなら直したい。
高圧発生部分

分解すると、いろいろな回路が入っていました。
これは高圧発生回路のようです。

電子回路

凝ってますね。 結構な電子回路が入っています。

分解

スイッチを入れると、ヒータは働いて、温度制御もされるようなのですが、どうしてもモーターが回りません。

モーター

なんで回らないのだろう。 特殊なモーターか?
テスタで測っても導通がありません。

モーター破損

結局モーターを分解して、回らない原因を確認しました。
なんと、モーターの接触子(カーボンブラシ)が削れて消失しています。

ちょっと驚きです。 なんだこれは。
思うに、よほど気持ちのよいドライヤなので、想定を超える時間使われたのではないかと思います。
毎日毎日、気持ちよく使っていたら、急にガリガリ音がして止まってしまったのでしょう。

今後はDCブラシレスになるかもしれませんね。
もう変更されているかな?

posted by 家庭用品修理士隊 at 23:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
ちょっとお久しぶりになります。自分も数か月前に結構長い間使ってきたドライヤーが動かなくなりました。(そのドライヤーはよくある電源ケーブルの導線の断線でなおしたのですが)。
それを機会に近所の家電量販店に行って、ドライヤー売り場をのぞいたら、なんと売り場面積の半分がP社のナノケアードライヤーで、残りの半分がその他、残りのメーカーのドライヤーがごちゃごちゃと置いてありました。ナノケアドライヤーの巷の評判が余りにも良いので、帰宅してしばし考えてAmazonでポチってしまいました。1万円を超える買い物でしたが、確かにナノケアというのは目に見えないので当初は半信半疑でしたが、使ってみるとこれまでのドライヤーとは使いごこちが全く違うので購入してよかったと思います。
しかし、このドライヤーも数年後にはモーターがいかれてしまうかも知れませんね。多分DCブラシュレスは使って無いでしょうね。扇風機では使ってましたが、弱風は得意ですが強風は苦手だから。
Posted by 横浜のT at 2017年11月01日 00:28
ドライヤーのモーターが焼けるとは・・・よっぽどですよね^^;)。

Pana製は高いので、ウチは他社製のイオン(?)ドライヤーばかりですが、総じてグリップの折り曲げ部が逝かれます。
Posted by 鍛冶屋 at 2017年11月01日 21:06
>横浜のYさん。おひさしぶりです。 浦安のIさんも最近コメントなくて寂しい感じ。 年取るとひと月が一週間くらいに感じます。ダイソンのドライヤ。穴の開いたやつ。電器店で試用したら、すげー風量。びっくり。これのモーターはデジタルモーターとか。要するにブラシレス。高級ドライヤはブラシレスが標準になると思います。

>鍛冶谷さん。 そー 焼けちゃまずいですよね。普通はグリップの折り曲げ部が壊れる点、わかります。扇風機の首振りも、アイロンのコード根本も。基本的に銅線を何度も曲げ伸ばしすれば切れるのあたりまえですよね。
Posted by 墨田のY at 2017年11月05日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181447035

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る