2018年01月07日

流し上の蛍光灯修理〜ソケット半田不良

台所の流しの上にある蛍光灯。
球(蛍光管)を替えても光りません。
一瞬直ったのですが。
結局ソケット不良でした。


蛍光管がまったく反応しません。通常は、管の両端が黒くなって、チカチカするのですが。
しばらく(10年以上)使っていなかったそうです。いやな予感。

つかない蛍光管を換えるには、カバーを外して玉替えて、このときは点灯しました。
よかったー。 でも、カバーを付けると点灯しません。 あれ?
点灯管、スイッチか? しかし悪くない。

image

くっそー 何が悪いのか。 古い蛍光灯は単純な構造なので原因がわかりやすいはず。
直せないわけがないので、外して修理します。 昔ながらの100Vケーブル直結タイプです。
(電気工事士資格が必要な作業)ブレーカーは切っています。

image

ソケットから電線だけ抜けてきました。
どうやら、カバーをつける際に取れたようです。
電線が経年硬化で針金のようです。 半田部分に無理な力がかかったようです。

image

ソケットの入手がむずかしいので、分解修理します。 金具を広げ、裏の「かしめ」を壊しています。

image

ソケットは、中心が回転する構造。 よくできています。
おっ。半田が外れています。(赤矢印) これが不良原因だ。

image

電極は、しんちゅうに銅メッキしたような感じの板バネ状です。
あまりに古いので、半田の形跡が消えかかっています。

image

表面を磨いて、半田の乗りを確認。 良好です。

image

今までの電線は硬すぎるので、柔らかい電線を半田付けして、古い電線に橋渡しします。

image

修理したソケットを元の金具に戻します。 がんじょうなので大きなプライヤを使います。
壊した 「かしめ」は金具で抑えているので不要(再使用せず)でした。

image

試験点灯。
このあと無事に台所に戻して使えました。
昔の蛍光灯の部品は思った以上に頑丈でした。40年くらい前の製品だと思います。
ただ、電線がここまで固くなるとは思いませんでした。(被覆部分の樹脂の経年変化ですね。割れてはいないので劣化とまでは言えないかも。)

電線を半田付けした人は、こんなにきれいに取れてしまうとは想定しなかったでしょう。
電器機器に半田付けが減ったのは、組み立て作業の簡易化だけではなく、信頼性を高めようとした結果でもあるのだと実感しました。

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
ウチの台所の蛍光灯機器も、そろそろ四十年モノになります^^;)。
点けるのは日に1〜2時間と使用頻度が少ないとはいえ、ここ十年は
蛍光灯の交換もした覚えがありません。

もう世の照明機器はLEDが主流になりましたが、はたして四十年後も
コレらが稼動している・・・とは思えませんね。
Posted by 鍛冶屋 at 2018年01月07日 22:23
>はたして四十年後もコレらが稼動している・・・とは思えませんね
そーですね。そのとおり。
壊れかたを偉そうに分析できる立場にある自分は何様なのだと思うこともあります。
結局、いろいろな人がいろいろな時代にいることで、技術も進歩?(変化)してゆくのでしょうね。
 
Posted by 墨田のY at 2018年01月07日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182066142

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る