2018年01月23日

デジタル顕微鏡で雪の結晶を撮ってみた

以下の内容は家電修理に関することではありません。
 
かなり以前に、包丁を研ぐ際の刃の付き方を観察しようとして購入した中国製の5000円程度のデジタル顕微鏡。 (光学式はとんでもなく高価なので無理です)
 
先日は関東地方も結構な降雪に見舞われましたが、なかなか虫眼鏡では無理でも、もう少し倍率の高い顕微鏡なら見えるだろうと思って寒い戸外に持ち出して、風で舞っている雪をとらえて観察してみました。
気軽に戸外に持ち出せるのもデジタル顕微鏡のいいところです。
 
P1220888
 
もっと簡単に見えるだろうと思っていましたが、雪が水分の多いボタ雪気味だったせいか、結晶とはとても言えないものばかりで時間ばかり経過してしまいました。 それにしても寒かったですね。
この顕微鏡はマイクロSD CARDにSTOREできる機能はあるようなのですが、あいにくマイクロSD CARDの手持ちが無いので、画面を別のデジカメで撮るということをやっていたので、画質がよくありません。
 
P1220897
 
それでもごくまれに、結晶らしいものが現れてウキウキさせられるのが寒中のなかでの唯一の楽しみ。
 
P1220911
 
↓これなど透明感があって自分では一番好きかもしれません。
 
P1220915
 
このデジタル顕微鏡、焦点を頻繁に調節しないとなかなかうまい具合に撮れないのが欠点。
 
P1220922
 
 
P1220910
 
昔、小学生の頃に雪が降ったら黒いセーターに舞い降りた雪を虫眼鏡で観察すると結晶が見える。
というような事を教科書?などで見た覚えがありますが、現実は雪の質、周囲の環境などの好条件がそろわないと難しいのでは・・・・・
でも今回は一応自分としては、生まれて初めて結晶らしいものを見れたので初回としてはまぁ満足。
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 23:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
やーすごい。きれいに見えるんですね。 4番めの写真は芸術的。雪本番の2月が楽しみですね。
Posted by 墨田のY at 2018年01月25日 18:58
寒中お見舞い申し上げます。
寒そぉ〜、本当に関東は大雪で大変なのですね。
こちらも雪こそ積もるほどは降りませんが(時折舞うくらい)、やはり厳しい冷え込みが続いています。

雪の結晶の観察とは懐かしい^^)。
このデジ顕微鏡はおもしろいアイテムですね。パターンの不良発見などに良さそうで、どんな性能かまた教えてくださいませ。
Posted by 鍛冶屋 at 2018年01月25日 23:58
その後MICRO SDを差し込んでみたところ、動画も静止画も録画できるので値段の割には結構、使い勝手がいいと思います。鍛冶屋さんが言われるようにパターンの不良発見などで購入している方々もおられるみたいで、便利だという評価も見ました。
ただ自分としての一番の不満なところは、顕微鏡に台座(マウント)が無いことです。
従って吸盤で他の何某かに吸着させて固定するのですが、吸盤の力が弱いから外れるということな無いものの、ヤッパリ少し安定感のようなものが足りない気がします。
まぁ価格を考慮すると仕方ないとも思いますが・・・・・
Posted by 横浜のT at 2018年02月01日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182221874

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る