2018年04月18日

太陽電池を使った常設街路灯-故障例

近くの道路で電柱地下工事が行われ、きれいな街路に変わりました。
2年くらい前でしょうか。
最近、一部で点灯しない街路灯が目立つようになりました。
太陽電池を使った無配線の灯火はホームセンターなどでも売られています。
この種の灯火の耐久性の参考になるかと思います。

image

電柱が消えてきれいな道路になっています。
街路樹のように灯火が配されています。
長い(高い)灯火は下から電線で電力を供給していると思いますが、
短いものは、頭部に太陽電池が貼られていて、それを昼間に電池に充電させ、暗くなるとLEDを点灯させる構造です。
この写真では、右手前の2個が点灯していません。

image

この写真では、3つが点灯していません。

設置する位置や、付近の建物の関係で、日照時間が違うこともあるのでしょうが、たくさんあると一部は作動しなくなることが良くわかります。

太陽電池は、竹を斜めに切った様な面に配置されています。
この下に電池があり、LEDの光は下向きに照射しています。(壊れた部分を覗いてみました。)

なお、この投稿は、街の不具合を指摘するものではありません。 似たような構造の照明を運用(設置)する際の実例参考です。

image

公園がきれいになっていました。
ここでもソーラーLEDが採用されていました。
image

頭部に太陽電池。 この場合LEDが小さいので、容量には余裕がありそうです。

 

類似商品例

ソーラー街路灯
ニッケル水素電池に充電
点灯時間5〜6時間(強)、10〜12時間(弱)

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工事灯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183015125

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る