2018年06月26日

磁石に付く電線(不良品?偽物?)

image

テストケーブルの抵抗が1.5オームある。(長さ約1m)

image
普通は、上の写真の2倍の長さがあっても、0.3オームとか低い値です。(2.5m)

なんでこんなに抵抗値が高いのか。
image

クリップの接触が悪いのかと、カバーを外すと、電線を金属部でカシメている(つぶしている)だけ。
けれどはんだ付けしても大して変わりません。

この電線がおかしいと気づいたのは、電源につないで3A(アンペア)ほど流したら異様に発熱したため。
電線の全体が熱くなり、被服の樹脂がやわらかくなりました。

なんか変。 でも触ったり、見たりした感じでは普通の銅線のよう。

image

まさかとは思ったのですが、磁石につけると弱いですが付きます。
(マグネット20gが持ちあがる)
銅線では絶対に磁石には付きません。

テストケーブルは、秋葉原のどこかの店で購入したもの。
安いし、ちょうどほしかったサイズだったから。
でもこれでは、電流を流せません。(使えません。)

しかし、そもそもなぜこんな電線が存在するのか意味不明です。

磁石に付いて、高抵抗ですのでおそらく鉄が混じっています。
たぶん安価にできるからかなとは思いますが、まるで銅線の偽物。

電線は、大量に作られるので、どこかで同じものが流通していると思います。

普通の家電品に付いている100Vのコードと同様な太さです。 平行コード。
もし、このような電線を家電品の修理に使ったら、電線が発熱し火災などが起こる恐れがあります。
ちょっと危ないと思いました。

安価な電線を入手したときや、発熱する電線があったら、磁石で付くかどうか試してみることをお勧めします。


その後、amazonで安価品を購入するたびに磁石テストを実施。すると2製品で磁石につく電線がありました。

 

image

モジュラーコネクタ電線 安かったのですが、電線が磁石につきます。

image

中国からの製品は、最近では品質が高く、良いものも多いのですが。
えー悔しい。
image

もうないだろう思ったら、アルディーノ実験セットに入っていたジャンパーワイヤ(ブレッドボード用)が磁石に着きます。
こっちは本当に残念。 抵抗線と考えればよいのですが、見分けがつかないので実験がわけわからなくなるおそれあり。(全量廃棄ですね。)

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
不良品? 偽物? 実は本物

床暖房などに使用されるヒーター線
ニクロム線(一般名称)なので、弱磁性があります。

と、、思います。。
Posted by おじさん at 2018年06月27日 01:17
なぜ、市販されているのか?
需要が、あるからなのです。極一部の人に!!
オートバイ乗りの人、野外作業の人、車中泊の人
そう
服に縫い付けて、ドリル用バッテリーパックで給電
ポカポカ快適です。
市販品の発熱服は、高価で、羨望の的です。
そこで、自作が、極一部の人に大流行していて、
この電線が必要なのです。
おじさんも、冷暖房作業服が、欲しい〜〜〜です。
Posted by おじさん at 2018年06月27日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183649147

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る