2018年07月08日

LEDフラッシュライト(強力懐中電灯)修理

image

強力ライト(電池を入れても点灯しません。)

夏になると、屋外活動や夜間観察などで懐中電灯の出番が増える? かどうかわかりませんが、強力ライトの修理例です。

ペン型ライトの故障で一番やっかいなものが電池液漏れでしょう。
なにしろ、時間とともに金属部が腐食して、修理不能になるから。

image

まずは分解。 腐食が激しいと、この分解ができない場合もあります。

image

分解に使った軍手と、ウォーターポンププライヤ



image

頭部(LED)だけに電圧(3V)を加えると、結構明るくつきます。

image

底のスイッチ部に電池の液漏れ跡。電池の液が、スイッチ内部に相当量入ったようです。

image

スイッチを分解してみます。 C-ピン抜きツールで締め付けネジを緩める。


image

スイッチを分解すると、電極部分が腐食(緑青)しています。これでは電気的に機能しません。

 

image

細かい紙やすりで緑青を磨くように除去。ひたすら除去します。

image

スイッチを止めていた環状締め付けネジも電極の一部になっていますので、これも磨きます。

image

これで組み立てると、点灯。 なおった(^^)/

でももっと明るいのかもしれない。
image

LED側の筐体接触部も磨いてみます。
image

おー まぶしいくらいの発光性能。 最近は安くなっていてすごいです。


別の例

image
電池液の腐食が重度のため、分解中に筐体破損した例。(MINI MAG-LITE )

image

頭部レンズ部と、LED、予備ランプのみ使用可能でした。

image
マグライトのLED部(電池電圧が低圧になっても点灯させる回路、DC-DCコンバータのようです。)

(MAG-LITE:マグ インスツルメント インコーポレーテッドの登録商標)

image

MAG-LITE

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183776781

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る