2018年10月22日

テレビのリモコン洗浄修理で回復例

image

リモコンが使えないと言います。 それで、いろいろなテレビに使えるリモコンを買ってきたけれど、うまく働かないので困るってると。
メーカーのリモコンを買えばよいのですが、ついつい各社対応の方が便利と思うのもうなずけます。
テレビは機能が多すぎますから、オールマイティー型は逆に不便だと思います。
エアコンとかに各社対応型は、まだ使えそうですが。

テレビ側が悪いかもしれないから、買い換えようかとも言います。
確かに、それも選択肢ではあります。 新しいテレビはだいたいキレイで大画面、多機能。

とりあえず、リモコンが悪いのか、テレビが悪いのかは簡単に判別できます。
image

ご存知のかたは多いと思います。 リモコンのボタンをなにか押して、デジカメで見ればわかります。
人には見えない赤外線LEDの放出光が見えるからです。
この写真では、出ていません。 これでリモコンが悪いと断定です。

image

分解してみました。 一番あやしい(壊れやすい)部分は、電池の電極です。
電池液漏れで腐食して、接触不良になりやすいから。
でも、今回は全く問題ありません。

image

基板側を見ると、腐食のような汚れのようなものが付着しています。
image

拡大してみると、腐食のようにも見えます。
image

ネバネバした感じもしますので、基板を水洗い。 重曹を使いました。

image

洗浄後は、ドライヤで十分に乾かします。

image

組み立て後、回復しました。 肉眼には見えませんが、赤外線LEDがまぶしいくらいに光っています。
その後テレビは普通に使えていますということです。
故障原因ですが、なにかの料理やジュースなどが侵入し、IC部分の電極をショート(導通)させていたのでしょう。
それが、洗浄できれいになって正常動作したということです。

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184742115

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る