2019年01月08日

古いパソコン修理〜ネットに繋がなければいつまでも現役

image

電源が入らないノートパソコン
大きめなノートパソコンは便利です。DVDディスク、大きな画面とスピーカーがついています。
映画が楽しめて、書類を作れて・・・
修理を頼まれたのですが、電源が入りません。 ACアダプターを繋ぐと、電源のLEDがかすかに光るだけ。

古いパソコンだけれど、「筆まめ」というソフトが動けば・・といいます。
ネットにつなぐには、別途ipadを持っていて、メールもそれでやるといいます。

うー。 持ち帰って詳しくみないと治せるかどうかわかりません。
直らなくても良いというので、気は楽です。

以前、電源が入らないノートパソコンを分解して直したことが何度かあります。
パソコン内部に帯電している電荷?を分解によって放電させると、治ることがあります。
google検索「ノートパソコン 帯電」で、たくさんの故障修理事例がでてきます。

image

image

分解は、ネジのナット部が回ってしまったりして簡単ではなかったのですが、
結局電源は入りませんでした。
これはだめだね。

最後に、ヤフーオークションを覗いてみたところ、古いパソコンにもかかわらず結構な出品があります。
電源の入らないものもあります。
その中で、HDDなし液晶割れジャンクをみつけ、落札。 2000円+送料が1200円
image

基盤だけで確認したところ、電源が入ります。
よし。 交換しよう。
image

基盤交換のついでに、割れている電源ボタン部も交換。
image

仮組み立てで、BIOS(バイオス)起動を確認。
image

無事に治り、渡すことができました。

修理メモ:

・筐体を外すときは、DVDドライブを先に外しておくこと。(スピーカ共鳴部がひっかかるため)
DVDは、メモリ部右上ネジ1本取れば抜ける。
・キーボードを外して右上あたりのネジが取れない。(2台ともナット部筐体割れでネジが回ってしまう。⇒カッターでネジを切断)
・電源部の基板コネクタは外せない(ハンダ付け)
・TX/66J2 Windows Vista. core2duo.


ちなみに、自分はデスクトップパソコン(win10 corei5機)を一台、ネットに繋(つな)げずに使用しています。
これが非常に使いやすいと感じています。

なにしろ、更新が不要なので電源を入れっぱなしにしても、そのままの状態が保てます。
使わないときは節約電源モードで、自動スリープしていますし。

マウスを動かすと、一瞬で起動し、数日前の書きかけの文書などがそのまま続けられる状態で復帰します。
デスクトップをソフトウエア別に割り当てておくと、特定のソフトウエア専用機が数台入ったように使えます。
パソコンの不具合の大部分はソフトウエアに起因するかと思います。
ネットに繋がなければ、ウイルスの心配もなく、ソフトウエアアップデートが不要。
その他の常駐ソフトも切れますので、速度と信頼性が確実に向上します。

最近のソフトは、ネットに繋がないと使えないものが多いので、ネット不要のソフト専用機(スタンドアロン機)は今後共有用だと感じています。

p.s. その後、1年くらいして、認証が必要ですといった感じのメッセージが出るようになりました。
仕方なくLANコネクタを挿してネットにつなぎました。 認証されたので、更新されないようにすぐLANコネクタは外しました。 最近のOSはネット必須なのですね。

posted by 家庭用品修理士隊 at 13:56 | Comment(5) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
旧型PCは、Linux OSで復活!^^)↓。

http://blacksmith.wp.xdomain.jp/2018/03/06/4596/

自分もLinuxを使い始めてまだ1年程ですが、もうWindows(MS製のOS)の必要性は全く感じません。
”Linuxって、なんか難しそう・・・”なイメージがありましたが、いやいや全然そんな事はありませんでした。
ただ、あまりに種類がありすぎて、どれを使うか選ぶの大変ですが。
 
Posted by 鍛冶屋 at 2019年01月08日 23:38
Linux いいですよね。常に進化していますし。 その昔RedHatをボックスで買ってました。 atok for linuxなども買ってました。今は、無料があたりまえですね。デフレ脱却は難しい。
Posted by 墨田のY at 2019年01月09日 11:22
Debian系は、フリーで在り続けることを宣言したプロ
ジェクトですので、現在も無償で提供されているのは
デフレとは関係ありません。
しかし、需要(LinuxOSのシェア)に対し供給(デスト
リビューションの種類・数)が大幅に優っている状態は、
デフレってると言え無くも・・・ないか^^;)。
 
Posted by 鍛冶屋 at 2019年01月11日 19:52
「修理より買い替え」という風潮の昨今ですが、壊れてしまったモノが修理士隊さんの修理で息を吹き返しまた働き出して役に立つという事に非常に感動を覚えます。
いつも楽しみに拝見しておりますので、これからも色々な物を沢山直して下さいネ。

Posted by kキャベ市のS at 2019年01月19日 13:39
kキャベ市のSさん。コメントありがとうございます。修理って、創造の要素も結構あって、直るとうれしいです。あと、良い製品だから直したくなるんですよね。
Posted by 墨田のY at 2019年01月19日 13:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185350294

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る