2019年01月19日

非常用手回し発電ライト〜 充電しない。

image

手回しハンドルが付いたランタン。 充電できないので、使えないといいます。
ハンドルを回した時は点灯するので、故障? と思いましたが、ランタンは置いて使うものなので、充電しないと使えないですね。

とりあえず、年数が経っているのか表面がべたべたしています。
image

ベタベタを取るには、重曹が良いと、Kキャベ市のSさんに教えてもらっていたので、やってみました。
今までは、アルコールで拭いていたのですが、重曹の方が強力な感じ。
臭くなく、手も荒れないのでアルコールより使いやすいです。

これは使えますね。 重曹おそるべし汎用性
image

作業台に置いたら、LEDが弱く点灯しました。
なるほど、上面の太陽電池に照明光があたって、それで発電した分でLEDが発光したわけですね。

image

分解したところ、基板と、発電機の他に充電池が見えます。
3個直列で、3.6V。 よくあるボタンタイプ。

image

充電池があるのに、充電しないということは電池の劣化かと思いました。
けれど、電池のリード線(黒)が切れています。
image

基板側を見ると、電線が切れた部分が腐食しています。
あー 水分などが根元に付着して・・・年月が経って、切れたと。
image

電線側を拡大してみたところ、わずかに素線1本に銅の色が見えます。
これだけでつながっていたわけです。 それが、ついに切れたということですね。


修理はできたので、構造研究

image

発電機構を分解。

プラスティックのギヤ列。グリスまみれですが、きれいな感じです。
ハンドルの動きを拡大(回転数増大)させています。

image

基板はスイッチと、ダイオードだけ。
ダイオードで発電機からの電源を全波整流(ブリッジ)しています。

これにより、ハンドルを時計回り、反時計回りどちらへ回しても充電できるようになります。
image

きれいになって、動作すると愛着がわきます。

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185404218

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る