2019年03月18日

修理相談〜 スキャンスナップ500原稿がなかなか送り出せない

男の子 お世話になっております
富士通のscansnap s500についてです
先日オークションサイトで15000円程で売られていました。新品でしたので、多少古くても問題ないかと思い購入しました。実際に届いたものは、外箱は多少経年劣化があったものの、コード類やCDなどは未開封状態でほぼ新品に間違いなかったです。
何度か使用したのですが、原稿がなかなか送り出せない事が分かりまして、メーカーサポートに確認したところ、どうやら原稿を送り出すローラーのところに本来ついていなくてはいけないゴムのようなものが長年未使用だったため溶けてなくなってしまったとのことでした(画像3枚目)、2006年に発売されたもので13年も経過しサポートもとっくに終わり当然部品もない状態なので修理不可とのことでした。しかしこちらとしては15千も払って購入して使えませんではなんか納得がいかなくいろいろ探しているところでこちらのブログを見つけましたのでご相談させていただいています。
どうにかなりますでしょうか

image

image

image

 


うらやましい うー
SCANSNAPは、原稿取り込みや書籍の電子化で定番の良い商品だと思います。
状況は典型的な経年劣化ですね。
まとめて入れた原稿を一枚一枚確実に取り込むために、いろいろな工夫がされていると思います。

取り込み不具合は、取り込み用ローラーの劣化が多いと思います。
image
取り込みに関係するローラー部品(赤丸)
これが、適度な弾力と摩擦を持っているのですが、写真では劣化しているようには見えません。

ローラーを交換された方のサイトを見ると、激しく劣化していることがわかります。


自炊生活は楽しい♪  >> 5年後、ローラーがダメになったので交換
https://zigsow.jp/item/39393/review/238472


大きなローラーは、消耗部品として今でも入手できるようです。
image

富士通のサイトより。

ピックローラユニット 交換周期は1年ごととされていますから、長期保存品はきれいに見えても劣化しているのかもしれません。
結構なお値段しますね。


ピックローラユニットは、Amazonなどで入手できます。


もう一つ、劣化消耗部品として、パッドがあります。
メーカーのサポートでは、こちらのことを言っているのかもしれません。
image
富士通 パッドユニット (S500シリーズ用) FI-C511P

こちらは、ローラーよりは安価ですね。
いずれにせよ、消耗部品ですので、いずれ交換する必要がでると思います。

 

おすすめの対処


(1)とりあえず、ゴムやローラー部品で取り込む紙と接触する部分をアルコールや、溶剤で拭いてみるだけでも効果があると思います。
専用クリーナがベストですが。
image
富士通 クリーナF1 FI-C100CF1

(2)パッドユニットの交換

(3)ピックローラーの交換

(2)(3)の交換は、簡単にできるようです。

トータルで見ると金額が増しますが、手で取り込むことを考えると費用対効果は十分にあると思います。

ただし、本音を言うと。 自分ならあきらめて、オークションでジャンクとして売って、新型を買いなおします。総合的にその方が幸福感が高いと思います。

あー 一つ自分ならやる対策として、シリコンテープ(自己融着型)を巻くと効果あります。
ただし、効果は短期間ですが。 紙(原稿)の表面には、細かい繊維やほこりがついていて、これがローラーに付着します。ですから、結局こまめな清掃が必要です。
  
巻くといっても、しっかり巻かないと、ほどけてしまいます。
ピックローラを外し、確認。 ねばついたり、へこみがあるようなら全部はがす。
芯(樹脂)の部分だけきれいにして、シリコンテープを伸ばしながら巻き付ける。
ローラの本の直径になるまで巻く。 (円周上に自己融着して、厚めのゴムローラのようになります。)

 

>その後 受領。検査でローラーが解けてまして、シリコンテープで修理

posted by 家庭用品修理士隊 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理改造相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185732405

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る