2019年03月22日

SCANSNAP S500。溶けたローラーを仮修理

新古品で取り込み不良。溶けたローラを交換すれば治りそうですが・・

image

とにかく見てほしいというので受領したSCANSNAPS500
確かにきれいでした。ずっと保存していたんでしょうね。

image

相談を頂いた時の写真では問題ないと思ったローラーが、まったく消えていました。
なに? これ状態です。 写真で光っていたのは、金属の心棒だけの状態でした。
まわりは、水あめが付着したような状態。
これでは原稿取り込みは無理です。

で、なんとかならいかということですので、
ローラー部品を探すと、alibaba netでありました。


image

ただちょっと高い。 2、3日かかりますし。

とりあえず、溶けたローラーをシリコンテープで代用します。


image

分解のネジは少ないですね。
とりあえず手でとれるものを外します。
image

取り込みローラーは、問題なし。 着脱交換容易にできています。

image

溶けたローラーは、上下に配置されていて、両方がベルト駆動されています。
でも、下側のローラーは問題なし。
image

ネジ2本で、カバーが外れます。

image

金属カバーを外すと、コネクタ接続が4カ所。
結構細かいコネクタで、不用意に外すと壊します。
image

実際に電線が一本抜けてきました。
image

どこへ戻せばよいのか。
コネクタの空きは2か所あります。
顕微鏡で見て、傷のある方に差し込んでおきました。(正解でした。)

image

はめ込み接続が多いので、外すときは知恵の輪状態になります。
image

溶けたローラーと心棒が見えてきました。
これを外さねば。
image

Cピン(シーピン)一個外せば、ギヤはバラバラにできます。
ベルトは2本。

image

溶けたローラーは、水のように伝わって、ギヤにまで入っています。
本当に水あめと一緒。ネバネバが煩わしい。

image

軸を抜くには、ラッチ軸(赤矢印)を90度回せばOK(両側にあり)
image

心棒はベタベタです。 ここにローラーがあったとは思えない状態。

image

シリコンテープを巻いて、代替ローラーを作ります。

image

径が12mmまで巻きました。 テープを足で押さえて引っ張りながら巻くと、シリコンが一体化します。
image

左右の場所調整は、カッターで切り取り。

image

円周方向に切って、長手方向に傷を入れると、輪ゴムがはじけるように除去できます。
image

ギヤを戻すのは簡単ですが、ベルト掛けが大変。
なかなか入らない。 張力調整ネジを緩めると、ベルトが楽に入りました。
image

くみ上げたところ、部品が出てきました。
これなんだっけ。 あー ローラーの下部の蓋でした。
溶けたローラーがべたべたで、取れないのであとできれいにしようと別にしていたものでした。
でも、シリコンは解けないので不要。
image

動作確認はドキドキです。 電気的に壊したかもしれないし。

image

結局良好に動作しました。
(WINXP-32bit機を出してきて確認。WIN7-32bitでは、取り込むのですが、なぜか画像が出ない。)

image

性能良いですね。
早い、静か、紙の質を選ばない。 ボタンで一発取り込み。全体も小さいですし。
すべすべの広告紙、小さめのA4、くしゃくしゃなど含めた10枚程度を難なく読み込み、
失敗無く両面ともきれいな連続PDFになってました。

これは最新型が欲しい。

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理改造相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185749568

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る