2019年06月21日

ノートPCメモリ不具合を直した例

概要:

メモリを追加しようと、安価品を購入したところ、不具合。
画面が乱れたり、ハングしたり。 ⇒ 原因は部品はがれ。
半田修理して使えました。

 

8Gメモリ:

image

PATRIOT メモリ DDR3-1600 204pin SO-DIMM DDR3-1600(8GB) PSD38G16002S

3千円程度で8GBメモリを入手。(Amazon経由)
メモリは相性問題があって、機種によっては認識しないこともある。
けれど、商品レビューでは良好。

使えない:

メモリスロットに挿しても使えない。
WIN10のシステムでは8Gを認識しているけれど、外面が流れたり、ハングしたり。
2台でだめ。

不具合原因発見:

はずれを引いてしまったと諦めていましたが、なにかできないかとメモリを詳細点検。


image

すると、不具合を発見。

image

ピンボケですが、赤丸の部分の部品が、変な感じ。


image

キャパシタのような部品が基盤から剥がれて、はずれかかっています。
あまりに小さいので、肉眼ではよくわかりません。

 

image

基盤の剥がれた部分を細線で接続修理。

これで、メモリは良好に使えるようになりました。

この部品がいつ剥がれかかったのかは不明。
おそらく挿入時に自分で壊したのでしょう。

使えたPC:

・ASUS VC60 corei5 3210M
・Lets-note CF-J10 corei5 2410M

実験:

低電圧CPUでは使えなかった。


image

DELL E7440ではBIOSすら起動せず。
CPUが、corei5 4310Uなので、低電圧用メモリしか使えないようだ。

image

低電圧対応メモリ
低電圧対応用メモリは、PC3Lという表示で見分けることができる。

低電圧用メモリは、1.35v動作
普通版は、1.5V動作

普通版で使えるPCに、低電圧用を入れて使うことはできる。
低電圧用メモリは、1.5vで使え、1.35vまで下げても動作すると考えられる。

したがって、混用も可能だと思います。


image
DELL E7440


image

・ASUS VC60 corei5 3210M

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186170781

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る