2019年10月27日

★ 電気シェーバー(Panasonic SE-SF21) ”ヘッド部の分解掃除”。

シェーバーのヘッド部分を分解掃除をしたので、その覚書。


外/内刃・押さえ金・往復子のゴムブーツなど外せるモノ(左側グループ)は外し、皮脂汚れなどを落とすため、ぬるま湯+シャンプー液に漬けて洗浄した。

分解。
------------------------------------------------------------

内刃は引っ張れば外れる。


往復子に付いているクリップは、横手のポッチをゆっくり開きながら押せば外れる。キワゾリ刃が付いている側には、キワゾリ刃用のクリップと2ケが互い違いに付いていた。


このクリップは、中間刃を往復駆動させるためのモノ。


2本のビスを抜き、押さえ金を外す。


往復子のゴムブーツをめくって外す。嵌める時は、爪楊枝などで少しずつ押さえこんでいけば良い。


樹脂カバーを外す。内部に浸水した様子はなかったが、僅かに髭粉が侵入していたので、レンズシュポシュポで吹き飛ばした。


ああっ スッキリ!^^)。
posted by 家庭用品修理士隊 at 18:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん
この記事へのコメント
きれいですね。 まるで最初から新品を分解したかのようです。
Posted by 墨田のY at 2019年10月27日 21:12
じつはこれ、分解掃除した後に組み立てながら写真を撮って
いったものを、逆順に並べ替えて掲示しています(つまり、
下から上順に写していったものなんです)。

さすがにココまでバラせば、掃除もしやすいですよ^^)。
Posted by 鍛冶屋 at 2019年10月28日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186733387

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る