2020年01月31日

電気スリッパ故障修理。 コード切れ

修理後の写真

image

電気スリッパ(サンダル)の修理をしました。
故障の原因は、よくあるコード切れ。
コード(電線)は接続の根本で切れることがよくありますが、やはりでした。

 

image

電気スリッパは、スリッパが暖かくなるわかりやすい製品です。
昔は受験生の友?だったようなイメージがあります。

現在でも製品としてはあるようですが、質実剛健の見本のような電化製品の一つだと思います。

なぜなら、壊れやすい部品が無いから。
電熱部品は、寿命で切れるヒーターではなく、PTC素子。
この部品は電気を与えると熱を発する、すると抵抗が下がる。
つまり、一定の温度を自動的に保ちます。
だから、温度調整装置も加熱防止部品も不要。
単純なゆえに壊れないということです。

今回、片方のスリッパが温まらない。
けれど、コードの接続を変えるとあたたまるというわかりやすい故障でした。

要するに、コード切れです。
ただ、これは本来怖いことです。

たとえば、扇風機の首振り部のコード切れでは火災が発生する恐れがあります。
これは、コードが切れかかる際に、火花が出るからです。

でも、電気サンダルは消費電力が小さいので、コードが切れかかっても火花が出るほどではありません。
ですので、単に温まらないということ以上にはなりません。

コード切れの状況

image

コード切れは、テスター(回路計)で導通状態を見ればわかります。

image

コンセントプラグと、コネクタ間の導通抵抗を測定すると、5オーム程度でふらふらしたり、無限大になったりします。
本来は、0Ω(ゼロオーム)近くにあるはずです。

image

二個あるコネクタの一方で、根本を揺らすと、回路計の針が動きます。
外観には全く異変がありませんが、内部で切れていると予想できます。

image

コネクタ(差し込み)の根本を、カッターの歯で開いてゆきます。
まるで手術ですね。

image

患部(切れている部分)がわかりました。
この写真では、右側の電線の芯線がすべて切れています。

 

切れた電線の修理

image

切れた電線を修理したいわけですが、電線は2本あるので、悪くない(切れていない)方も切断します。
これは、長さを合わせるためもありますし、一体化させるためです。
連帯責任みたいな感じです。

image

切れた部分の電線素線。
素線は、本数が多いです。
これは、コード(電線)を柔らかく曲げやすいようにするためだと思います。
つまり、曲げに強く、切れにくいようにという配慮です。
それでも長年の曲げ伸ばしで少しづつ切れてゆくのは普通です。


image

電線の長さを合わせ、素線を露出させます。
このあと半田付けして接続します。

image

電線をハンダ接続した後は、絶縁と強度保護のため、収縮チューブをいくつか使います。

image

電線をハンダ付け。
外観より実質(導通)を確保します。 曲げに耐えるには、できるだけハンダ部を短くします。

image

ハンダ付けしたあとに、シュリンクチューブを被せて、熱風処理で縮めます。

image

熱風処理後 隙間なく縮んだところ。

image

つぎに二線固定用のシュリンク(黒)

image

さらに透明シュリンク

image

そして、最終シュリンク(青チューブ)

image

2つ(左右)のコネクタ修理最終状況

ちょっと青が長すぎたかな。 少し固くなりすぎかも。
あ そういえば、ホットボンドも注入しています。

参考写真

image

日立電気スリッパSS-208D 100V 20W。 なんと、1991年製。30年近く経っているとは思えません。

image

スリッパのコネクタ ピン きれいです。

image

内部。 PTC素子と、電線のみ。 壊れる要素がありません。

image

説明書の記載

・・本品は歩行用ではありません。
・・・いたんだコードは必ず修理交換してください。

 

感想

昔の日本製電化製品はすばらしいですね。
人と接する機械は、微妙な感性が要求されます。
暖かさなどは、使ってみないと良し悪しはわかりません。

30年も使えている製品は現行品には換えられない、独特の良さがあるのかもしれません。

posted by 家庭用品修理士隊 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187106231
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る