2021年01月27日

新品電池を入れたのに使えない電池ホルダ

image

日常的に小型ラジオとして使っているオーディオプレーヤ。
もともと単4アルカリ電池専用で、充電池は使用不可。 それを単3型充電池で使えるように電池ホルダを外付けしています。

image

ところで、新たに買った充電池を入れると作動しません。 えっ?という感じ。

image

なぜなら、買ったばかりの新品電池だし、電圧も充分出ています。
ニッケル水素電池の電圧は、1.2V程度で正常。 充電後なので1.35V(ボルト)も出ています。

なんで作動しないのだ。 何度も電池を入れ替えて、ようやく原因判明。

image

原因は、電池挿入時の電極間隙間。 電極金具と電池の頭が、わずかに開いている。
これでは電気が流れない。

でも、なんで隙間ができるのか?

image

電池ホルダのプラス(正極)側にある突起。 これが電池を入れた際に隙間を作っていました。
なにこれ? あー電池の逆挿入時の事故防止用だ。

image

突起があると、電池を逆さまに入れても+側電極に触らない。
だから、通常の使用では気が付かない。

今回は、新品の電池でなぜ作動しないのか。

image

原因は、電池の突起部の微妙な高さの違い。
新品の電池は、頭(突起)が少し低めでした。
なるほどー 原因判明。

対策

image

突起を低く加工(切り取り)して、対処。

気づいてしまえばあたりまえの原因でしたが、最初は不思議に感じました。
この電池のどこが問題なのかと。

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188345971
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。


タグクラウド
ページトップへ戻る