2021年04月02日

コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー

パソコンのディスプレーをオークションで安く入手。
ジャンク(部品取り)ということ。

コンデンサを交換したら良好になりました。 という実例です。

image

パソコンにつなぐと、映ったり映らなかったりと、不安定。

10年以上前の17インチ型。 これでは粗大ゴミ状態。
コンデンサが悪くなる例が多いらしいので、さっそく分解。

image

分解するためのネジが見当たらない。
中央の取り付け金具で固定していたようだ。

image
筐体は嵌(は)め込まれているので、ドライバーでこじる。

image
内部にもねじは無い。 合理的な構造ですね。

image

蛍光管のコネクタが4つある。 ディスプレーの上に2本、下に2本使っている。
このコネクタは外します。

image

電源部の基板を外す。 右半分は蛍光管用電源(インバーター)

この基板を見て、すぐに不良がわかります。

image

黒い部品(電解コンデンサ)の頭部 × 印が膨らんでいます。(赤矢印)
コンデンサの内部の圧力が上がった証拠です。
すると、電解液が漏れるので、必要な容量が無くなります。

調べると、5V電源用。 膨らんでいないコンデンサは12V用
ですので、膨らんだ2個を交換すればよさそう。

image

裏から半田を溶かし、コンデンサを傾けると足が抜けてきます。

image

新しいコンデンサを入れる穴は、しっかり開いていないと新品の足を入れにくい。
ピンバイスに噛ませた0.9mmのドリルで穴開け。 ハンダは柔らかいので簡単に開きます。

 image

コンデンサを入れようとしたら、あれ?
裏と表で電極(+−)が違う。 //// の表示はマイナスのはず。

image

しかたなく、電源プラグを入れて実際の電圧を確認。

結局、表の表示が正しかった。

image

膨らんだ不良コンデンサの容量は、68.8マイクロファラド。
表示は1000μ 10vなので、10分の1以下に容量抜けしていました。
これにより、5V電源にノイズ(リップル成分)が生じていて、動作が不安定になったと断定。

image
組み立て前の仮動作試験良好

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188544550
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。
(02/01)乾電池式電動ドライバーは使えるのか
(01/29)天井ライトレールの接続器具にペンダントスイッチを付ける。
(01/29)オーブントースター(ピザ焼き機)を修理(サーモスタット不良)
(01/27)新品電池を入れたのに使えない電池ホルダ
(12/20)「パソコンを無料回収」本当にたすかりました。
(11/03)システムキッチンの大引き戸が落ちた。応急修理
(10/27)「コマNO.の上限です」という表示。デジカメ使えない。


タグクラウド
ページトップへ戻る