2021年05月10日

スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理

「スイッチがおかしくなって、電源が入らなくなった。
オフにすると、入る。 でも気に入っているので直したい。」

というご相談。
え? SW OFFでONになる?? ということで、見てみると。

image

ランタン型電気ストーブ
レトロ調で、小型軽量。 作りがしっかりしていて網には高級感もあります。
白い部分は柔らかい樹脂なので温かみを感じます。

image

スイッチはカクンカクンと小刻みに段階的に動きます。
そして、ときどき動作します。確かにOFFで入るときも。
なんだろう。
それにしても、カーボンヒーターはあっというまに暖かくなる。
しかも、弱、強ではなく、無段階でヒーター調整できる。すごい。

image

分解すると、電子回路基板が出てきました。
電気ストーブの400[w](ワット)ヒーターを制御する半導体素子には大きなヒートシンク(空冷用金属ひだ)が付いています。

image

スイッチは、この部品のみ。
普通のスイッチ付きボリュームに見えるけれど、ちょっと違う感じ。

image

ボリューム(可変抵抗)自体の動作は正常。
スムーズに抵抗が変化します。 0から100Kオームまで。

それにしても、スイッチはどこにあるのかな。

image

スイッチは見当たらない。 しかたなくボリュームを分解すると見慣れない機構。
なんだこれは。
ヒータは電子回路によって制御されるので、大きなスイッチは不要。
だからこれがスイッチらしいのだけれど。動作が見えない。

そもそも、特殊なボリュームだ。
なにしろ、回転時にカリカリとディテント(刻み。detent)があるのだ。

こんな部品初めてだ。 どうしたものか。

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 修理改造相談
この記事へのコメント
コンパレーター制御かな

早い話
ボリューム端子のカシメがユルユルで、
抵抗値が開放になるとONって とこでしょうか
カシメ穴に、小ビスを貫通させて接触圧を上げるか、
カシメ直し(きっとまたすぐダメになるでしょう)
で、直る気がします。
Posted by おじさん at 2021年05月14日 03:54
結局の部品の製造不良でした。
スイッチの電極バネを止めるための穴が、切れていました。
詳細を別記事にしました。
Posted by 墨田のY at 2021年05月18日 12:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188658545
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。
(02/01)乾電池式電動ドライバーは使えるのか
(01/29)天井ライトレールの接続器具にペンダントスイッチを付ける。
(01/29)オーブントースター(ピザ焼き機)を修理(サーモスタット不良)
(01/27)新品電池を入れたのに使えない電池ホルダ
(12/20)「パソコンを無料回収」本当にたすかりました。
(11/03)システムキッチンの大引き戸が落ちた。応急修理
(10/27)「コマNO.の上限です」という表示。デジカメ使えない。


タグクラウド
ページトップへ戻る