2021年05月18日

スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。

(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理

の続きです。

image

このスイッチ付きボリュームを探しました。

image
基板に直付けなので、外形が同じものがほしい。
「スイッチ付きボリューム。ディテント付き。」

image

google 画像検索で調べると、「スイッチ付きボリューム」には、昔ながらの形式(赤丸)の他に、今回のようなタイプ(赤矢印)があることを知りました。

そうなんだ。最近はこうなのか。 と実感。

image

秋月電子通商のページには、よく似たものがありました。
Supertech社製とのこと。

抵抗値も合っているので、見に行こう。

image

秋葉原の秋月へ行ってみる。
コロナ対策で入店規制をしたせいか、空いています。

今は規制していません。

image
購入した「スイッチ付きボリューム」は、寸法が合う。
ただし、ディテント(回したときの刻み)は無い。
ディテント付きを他店でも探したが、見つからない。
ならばスイッチ部分だけ交換してみようか。

image

購入した部品を分解。 構造は故障品と同じようだ。
スイッチ部(ボリュームの下部)を交換してみよう。

image
結局、バネ部を写真のように置いて、組み立てればスイッチ動作する。
ボリュームを絞りきったところでパチン音がして切れる。
少し回せば、パチンと小気味良く入る。

ということで、「ディテント付き、100Kオームボリュームスイッチ」が入手できたことになった。

image

基盤に戻し、ストーブ組み立て前の作動試験も良好。


不具合の検証

image

結局何が悪かったのか。バネが止め部(赤丸)から外れていたということ。

なぜ外れたのか。

image

(写真)ピンセットで、不具合品のバネと、新品バネをつかんだところ。
不具合品はバネの止め部の穴が切れています。

ということで、部品の製造不良があって、あるときにバネが外れてしまった。
これによりストーブは、スイッチ切ったときに入るというおかしな動作をしたということでした。

posted by 家庭用品修理士隊 at 12:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
自分なぞだと、電源コードに手元スイッチ入れてくらいしかできません。

しかし、電気ストーブにしては凝った作りですね。
交流の出力調整(電流? 電圧?)ってどうやってるんだろう?。
Posted by 鍛冶屋。 at 2021年05月19日 10:35
超稀な故障原因でしたですね。
電源は、メカスイッチだったのですね
ご苦労が実り、無事に直って 良かったです。

出力調整は、2種類

直流にしてからFETでスイッチング
スイッチング式ACアダプターと同じ。

サイリスタでサイン波の形を削り、
削り量で電力調整

かな


Posted by おじさん at 2021年05月20日 00:51
そう。 凝った作りですね。 電力の調整はトライアックを使う従来の手法なのですが、別に5時間自動オフタイマーの回路基板がついてました。 良い製品なのですが、現在は入手困難。(https://apix-intl.co.jp
Posted by 墨田のY at 2021年05月21日 09:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188681355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理


タグクラウド
ページトップへ戻る